スマホの使い過ぎで謎の痛みや変形が急増している!

痛みや炎症を抑える画期的方法

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

痛みや炎症を抑える画期的な方法があります。

まだほとんどの人が知らない方法ですが、アーシングすると良いです。

驚くほど痛みや炎症に効果的です。

手首はもちろんのこと、あらゆる痛みや炎症に効果的です。寝たきりになった老人の非常に重たい慢性リュウマチでさえ良くなっているのです。

 

特に40~50歳の女性は、女性ホルモンが減少し、炎症を抑える機能も弱くなります。

だから、スマホ等にも影響を受けてしまうのです。

以下に、慢性炎症に関係する疾病の一部を一覧表にまとめておきますので参考にしてください。

疾病健康への影響
アレルギーアレルギー反応に結びつく炎症を警告するヒスタミンを放出する。
アルツハイマー病プラークを起こす脳組織の炎症;脳細胞を殺す慢性炎症。
ALS身体の過剰炎症によって運動ニューロンがダメージを受け、細胞死させる。
貧血炎症の伝達により赤血球生産に危害を及ぼす。
関節炎慢性炎症が関節軟骨を破壊し、関節をスムースに動かす関節液が放散されなくなる。
喘息炎症によって空気の通り道である気管支に支障を起こす。
自閉症自閉症の子供の脳には、炎症が一般的によく見られる。
がん炎症によってフリーラジカルが増え、腫瘍を大きくする。さらには体内の異常細胞を防ぐことができなくなる。
心血管疾患炎症によって血液濃度が異常に濃くなり、動脈の病気を引き起こす。心臓と脳に血液を供給する血管内が詰まったり、プラークや危険な固まりが増加したりすると危険に結びつく。
糖尿病1型は、炎症が免疫システムに影響を及ぼし、膵臓のβ細胞を破壊する。2型は、脂肪細胞が原因で炎症伝達が起き、インスリン分泌が低下する。
繊維筋痛症炎症性の結合組織が体内に高レベルで増える。
一般的な腸障害クローン病、過敏性腸症候群、憩室炎などを含む腸疾患は、炎症と深く関係し、痛みを引き起こすと同時に消化と栄養分吸収を妨げる。消化器官のデリケートな内部に損傷を与える。
腎不全炎症が循環を悪くし、血液をろ過する腎細胞にダメージを与える。
全身性エリテマトーデス炎症による副産物が、自己免疫システムを攻撃する引き金となる。
多発性硬化症炎症による副産物が、神経組織を攻撃する。
一般的な痛み痛みのレセプタが作動する。痛み信号の伝達と過敏になった神経組織は、すべて継続的な炎症と炎症反応によって引き起こされる。
膵炎炎症によって膵臓の細胞に傷を引き起こす。
乾癬および湿疹炎症によって引き起こされる皮膚炎。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

 

今日の言霊

datum house参照

一般的には偶像とか宗教画に表現されるような固定的な存在や霊の類をカミと呼びます。けれども、白川神道では”おはたらき”そのものをカミ、あるいは”おはたらき”生み出す源をカミと見立てています。by塩じぃ