老け顔の原因がわかれば見た目年齢は若く見える!

見た目年齢顔のたるみがあるかないかで大きく違います。

もし、見た目年齢が”10歳も若く見える”と言われたら、ウキウキ気分になってしまいますよね~。顔若返りには、まず老け顔の原因を知ることです。そうすれば、見た目年齢を化粧でごまかす必要はなくなります。

ところが、顔がたるむ老け顔には意外な原因があったのです。

だから、その原因をとり除いて、あることをすれば顔はみるみる若返るのです。

老け顔の意外な原因とは?

私も一瞬、エッ!と思ったのですが・・・・。

世界一受けたい授業の番組を見ていたら、老け顔のたるみの原因が、実は「猫背」にあるというのです。

首都大学東京の竹井仁先生という方がそう言っていました。

竹井仁先生

首都大学東京健康福祉学部理学療法学科教授。医学博士、理学療法士、OMT。教育機関で学生教育を実践するかたわら、病院と整形外科クリニックにおいて臨床も実践。各種講習会も全国で展開。専門は運動学・神経筋骨関節系理学療法・徒手療法。解剖学にて医学博士取得。

 

考えてみると、スマホやパソコンの姿勢の影響もあってか、猫背の人が目立つような気がします。

 

猫背で顎が出る

顔のたるみの意外な原因

出典:townnews.co.jp

骨にゆがみがあると筋力の低下を招くので代謝が悪くなり、やがて脂肪のつきやすい身体になってしまいます。

背筋を伸ばして歩いた時と、猫背で歩いたときとの酸素摂取量を比較したら、猫背で歩く方が背筋を伸ばした時より約10%も酸素を取り込む量が少ないのです。体内に取り入れる酸素の量が少ないと、基礎代謝に使われる酸素も減りエネルギー消費も少なくなるから、太ってしまうのです。

また、顔がたるんで老け顔の人は、猫背の人が多く、顎が前に出ています。(上の写真参照)

顔の筋肉は、首の後ろの筋肉とつながっているので、首の後ろの筋肉が硬くなると、アゴが前に突き出て、顔が身体の上に乗らない状態になります。

それで、上手くリフトアップできないことから、顔がたるんで、老け顔になってしまうのです。