便秘はうつ伏せから左右に転がるとその効果は恐るべし!

頑固な便秘

そのまま放っておくと、お肌や気分に影響します。

でも、下剤や便秘薬では便秘を根本的に改善しません。

 

そこで、瓜田純久先生の便秘解消方法に基づいて、うつ伏せの状態から左右に転がってみたら・・・・。

頑固な便秘に恐るべき効果があったのです。

下剤や便秘薬では

便秘の原因

下剤や便秘薬が習慣化すると、腸本来の働きが失われ、腸が蠕動運動をしなくなってしまいます。

そして、それらがさらなる便秘を呼ぶこともあるので、服用には注意が必要です。

下剤や便秘薬

便秘薬

便秘に悩む多くの人は、便がでないことのつらさもさることながら、「悪いものがたまっている」という状況に危機感を抱いています。そのため、つい下剤や便秘薬に頼ってしまう人が、実に多いのです。

しかし、これは大きなまちがいです。下剤や便秘薬は、便を流しだすだけで、根本的に便秘を改善しているわけではないのです。それどころか逆に、腸の蠕動運動を衰えさせ、さらなる便秘を呼ぶ悪循環に陥ることもあるのです。

腸が本来持っている機能を正常に戻すには、まず、食べ物や運動で腸を刺激して、腸の働きをサポートすることが重要です。その上で、リラックスした状態を保ち、自律神経の働きを整えることができれば、より効果的に腸の働きを改善できます。たとえば、散歩したり音楽を聞いて気分転換するのも、腸を養うおすすめ生活術です。そして、便秘の原因をなるべく作らないようにして、腸の機能を衰えさせないことです。