アーシングシーツで寝るだけで驚きの効果!

アーシングシーツ

アーシングシーツだったら、寝ている間はずっとアーシングできます。

今まで裸足になったり、砂浴をしたりしてアーシングをしてきました。でも寒いと、これらのアーシング活動はどうしてもやりずらくなります。そこで今回、思い切ってアーシングシーツを買って使ってみました。

 

これならあまり時間がない人でも、寝ている間にマイナス電子をチャージできます。

それにアーシングという本に載っていたのですが、アーシングシーツに寝るだけで驚きの効果があるんです。

私は砂浜で裸足になったり砂浴をして潰瘍性大腸炎という難病を治しましたが、アーシングという本には重い関節リュウマチが激的に改善した事例が載っているんです。

重い関節リウマチも劇的に改善

女性の関節リウマチは男性の2.7倍もあるやっかいな病気です。

アーシングという本には重い関節リウマチも劇的に改善した事例が載っています。

寝たきり老人の事例です。

外のアース棒に接続されたアーシングパッドを敷いただけの簡単なやり方で、寝たきり老人の重い関節リュウマチの劇的に改善したというのです。

その老人の両手や肘や足は、炎症が原因でみにくくゆがんでいました。その痛みのせいで彼は、ゆっくりと少し動ける以外は、ほとんど体を動かすことができなかったのです。その男性は心地よいホスピスで、手厚い看護を受けていましたが、専門家によるとあと6か月くらいか、おそらくはそれ以内しか生きられないのではないかと予測されていた患者でした。

本によると10日ほどで、上のような寝たきりの老人が立ち上がり、庭に出ることができるようになったと書いてあるのです。

そして、その後もベッドパッドを1年間使い続け、その老人は自分で家事をし、暖炉の火にあたることができ、自分で薪を家の外から運ぶことができるようになったというのです。

腫れは引き、体を動かすことができるようになり、快適な暮らしをしていたのです。

 

私が購入したアーシングシーツ

私は上の写真のようなアーシングシーツをAmazonで購入しました。

素材が綿85%で金属製品(Silver)15%の製品です。

つまり、綿のシーツに伝導性の良いSilverが15%織り込まれた製品ということです。

カスタマレビューも他の製品より多かったので、これに決めました。

写真のようなズレ防止クリップもついており、洗濯も定期的にしています。

 

アースのとり方

アースのとり方としては、3口コンセントがあれば一番便利なのでしょうが、日本の一般家庭ではほとんどついていません。

しかも家庭用アースは、洗濯機のところしかついていない場合が多いです。

 

そこで、私は写真のようなアース棒をAmazonで買って、2階の部屋に引いています。

アース線を挟んで窓を閉めても問題はないようです。

アース棒がいいのは、アースが繋がっているかどうか目で確認できますし、アース棒の下に写真のような六角炭素を埋めることができます。

カグツチ

出典:イヤシロチ&ケカレチ

私の知識からすると、土地の多くは「ケカレチ」なので、六角炭素を埋めることによりより多くのフリー電子を集めることができます。

 

アーシングシーツの効果は

アーシングシーツにアースコードを2本繋げるとより効果的とありましたので、私の場合は2本繋いでみました。

起きた時、階段を上り下りする時、足が軽やかな感じがします。

 

次のようなカスタマレビューもありました。

からだの色々な不調を改善してくれるというアーシンググッズに前々から興味があり、いろんなメーカーの商品を検索しているうちのリラクリフェさんのこのシーツにたどりつきました。購入の決め手になったのは、①このセットを買えば追加備品もいらずすぐにアーシングが始められること、②ホームページに正しいアーシングの仕方が詳細に説明されており納得・信頼できたこと、③他社のアーシンググッズに比べ非常にお買い得なお値段だったこと、の三点です。わたしは特に、寝つきが悪い、夜中に何度も起きてしまう、目覚めがスッキリしないなど、睡眠にまつわるトラブルが多いのが悩みでしたが、このシーツを使いはじめてから、第一日目からスコーンッ!と朝まで無休に眠れるようになって、本当に感動です。これまでの帯電が取れた&自由電子が補給できたせいか、肩こりも改善。本当に感謝です。

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

 

アーシングシーツの究極の使い方

私がアーシングシーツを買って、一番いろいろ考えたのは寝る時の衣服の問題です。

私の今着ている下着の素材を調べてみたのですが、パンツはポリエステルです。上の下着は綿50%、ポリエステル50%でした。おそらく寝ている間は、相当の汗をかくらしいですから電気を通しにくい素材でも汗で伝導体になると思われますから、問題はなさそうです。

 

問題はパジャマです。

下着にさらにパジャマを着て寝るとアーシングシーツの効果は限定的になると思われます。

いろいろ調べてみましたが、このことについてはどこも言及していないようです。

 

やっぱり一番いいのはノーパン睡眠が一番いいように思われます。

ノーパン睡眠だけでも健康になると言われますから。

実際試してみましたが、アーシングシーツの上に裸で寝ると下の方からポカポカしてきます。

ただ、下着は着けていないと、どうも気分が落ち着かないです(笑

 

でも、いい方法を発見しました。

 

導電性の腹巻があった!

導電性腹巻

導電性の腹巻とは、私がお腹に巻いている黒色の腹巻です。

この腹巻は、下のNigi専用の腹巻タイプの専用袋です。(商品名はニギノウズメでロゴストロン株式会社で買えます)

Nigiについては、ここでは説明は控えさして頂きますが、これを上の専用袋に入れて、お腹の下丹田付近に巻き付けると、Nigiの言語周波数が全身へと広がるように作られているのです。

Nigiは手に握ったり、肌に触れさせて使うものですから、腹巻は特殊な有機導電性繊維で作られているのです。

私が買ったアーシングシーツには上のようなものもついていましたから、上のクリップで導電性の腹巻を挟んでパンツも履いて、アーシングシーツの上で寝ているのです。

 

私の現在の健康上の問題は、腰とお腹回りに集中していますので、願ってもない商品でした。

寝ている間でも腰とお腹が同時に十分にアーシングできるのですから・・・・。

もちろん、起きている時も使っています。

Nigiの効果も相まって、日ごとに病魔は身体から抜けていっている感じです。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ