ガンはアーシングと免疫力アップでカンタンに退治できる!

一生のうちで二人に一人の人が何らかのガンに罹っており、決して特殊な病気ではありません。

ガンに罹ってもっとも命を縮めるのは、そのショックからです。

”もうこれでおれの人生は終わりだ”などと深刻に考えると、ガンはあなたの体をどんどん蝕んでいきます。たとえ余命数ヶ月と宣告されても、何年も生きている人はたくさんいます。大切なのは気持の持ち方なのです。

 

しかも、ガンはアーシングと免疫力アップでカンタンに退治できます。

自ら命を縮めるような事はしないでください。ガン専門医が見落としていたシンプルでパワフルな治療方法があったのです。

ガン専門医も見落としていた?

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

ガン専門医も見落としていた癌治療方法とはアーシングのことです。

信じられないかも知れませんがただ裸足になるだけで、ガンは良くなるのです。

裸足になって太陽にしっかり当たれば、ガンは良くなるのです。

 

生前、世界的免疫学者の安保徹先生は仰っておられました。

太陽にしっかり当たれば発ガンしにくくなります。

 

地球は自由電子の宝庫

アーシングTabiを履いてアーシングしているところ

アーシングという本によると地球は自由電子(マイナス電子)の宝庫と書いてあります。

そして、裸足で大地と接触すると、その自由電子が大量に体内に取り込まれることがアメリカの医学者たちによって解明されているのです。

 

また「はだしで大地に立つと病気が治る」という本には、裸足になるとすぐさま体内静電気が抜けると書いてあります。

そして、”砂浜を歩いていたらガンが消えた!”という話が載っています。

下の会話は堀泰典先生が行きつけの居酒屋で耳にしたウソのようなホントの話です。  

「あいつ、ガンにかかって奄美大島に帰ったそうやな。ああ。でも、ガンが消えたとか言うて、今はこっちへ帰ってきとるぞ。ガンが消えた?そうや。なんとかっちゅう先生の講演で、体内の静電気を抜いたらガンが消えるって話を聞いてな。それには砂浜を歩いたり、海藻なんかでミネラルをたっぷりとったりするのが最適らしいんや。」

・・・・・

「それで病院にもいかず、朝から晩まで砂浜で寝そべったり、海で泳いだりしていたんか。そうや。あと、海ブドウを毎日たくさん食べてたそうや。そしたら、本当にガンが消えよったらしいわ。・・・・」