ガン専門医が見落としていたパワフルな癌治療方法があった!

一生のうちで二人に一人の人が何らかのガンに罹っており、決して特殊な病気ではありません。

ガンに罹ってもっとも命を縮めるのは、そのショックからです。

”もうこれでおれの人生は終わりだ”などと深刻に考えると、ガンはあなたの体をどんどん蝕んでいきます。

たとえ余命数ヶ月と宣告されても、何年も生きている人はたくさんいます。大切なのは気持の持ち方なのです。

 

それに、ガン専門医が見落としていたシンプルでパワフルな治療方法があったのです。

ガン退治の精鋭部隊

水野修一

ところで健康な人で、1日にどの位のガン細胞が発生しているかご存知でしょうか?

なんと1日に3000個以上のガン細胞が発生しているのです。

こういうとビックリされるでしょうが、ほとんどの場合、増殖を始める前にガン細胞は駆除されているのです。

それはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)というガン退治の精鋭部隊がいるからです。

水野修一というお医者さんが書いた「ヒュウガトウキのすべて」という本に書いてあります。

 

つまり、免疫細胞をアップできればがん細胞は退治できるということです。

一番最後に免疫細胞をアップする方法についていくつか書いています。

 

ガン専門医が見落としていた治療方法とは

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

ガン専門医が見落としていた癌治療方法とはアーシングのことです。

信じられないかも知れませんがただ裸足になるだけでガンは良くなるのです。

 

このYutube動画によると、体内に大量の電子を取り込むことができれば年齢とともに弱ったミトコンドリアを活性化できると言っています。

つまり、ミトコンドリアを活性化できるとガン細胞に侵された細胞をアポトーシス(細胞死)に導くことができるようになるのです。

だから、安保徹先生も仰っておられたように太陽に当たりながら裸足でアーシングするとガンは良くなるのです。

 

地球は自由電子の宝庫

アーシングTabiを履いてアーシングしているところ

アーシングという本によると地球は自由電子の宝庫と書いてあります。

そして、裸足で大地と接触すると、その自由電子が大量に体内に取り込まれることがアメリカの医学者たちによって解明されているのです。

 

また「はだしで大地に立つと病気が治る」という本には、裸足になるとすぐさま体内静電気が抜けると書いてあります。

そして、末期ガンも含めてガン細胞が消えたり、縮小した事例が数多くあると書いてあります。

 

免疫力をアップする3つの方法

免疫力をアップさせ、ガン細胞を退治する方法は他にもいろいろあります。

もっとも重要だと思われるポイントを3つだけ紹介します。

 

腸年齢を若くする

190193

腸は、栄養分を吸収する小腸と水分を吸収する大腸の2つに分かれます。

小腸の内側は、縦毛(じゅうもう)とよばれる無数のヒダに覆われそこから栄養分を吸収し毛細血管を通じてその栄養素を全身へ送る役目をもっています。

大腸は小腸で吸収仕切れなかった食べ物のカスや水分が吸収され最終的に便となり排泄されます。

ところが腸にはもっと重要な役割があります。

それは免疫細胞の6割が腸に集中しているのです。

腸はいわばウィルスなどの外敵と闘う最前線なのです。 ここで負けないためには腸をきれいにし、便通をよくすることです。

 

体を冷やさない

冷え症改善

出典:モテ子BEUTY

がん細胞は、35℃で一番増殖するそうです。

そして体温が1度下がると免疫力が37%落ち、代謝は12%落ちると言われています。

ところが最近は、35℃台の低体温の人が増えているのです。

冷たい清涼飲料水を飲むのを止め、もっと体を動かし、体温を36度後半にする必要があります。

 

血行をよくする

毛細血管

出典:ekkannenrei-5

血行が悪くなると、筋肉の働きが悪くなり、リンパ管に圧力をかけることができないので、リンパの流れが促されにくくなります。

リンパは免疫を支配していますから、免疫力を高めるためには筋肉を動かし、血行をよくしないといけません。

厚生労働省研究班の大規模疫学調査でも、体をこまめに動かすとガンに罹りにくいという結果が出ています。

膝縛りアーシング

出典:膝縛り健康法

私の一番のお勧めは膝縛りです。

ただ膝を縛るだけで、足先がポカポカしてきます。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ