小林麻央のように”30代でなぜ若い人がガン”で死ぬのか?

ガン

30代で乳がんになった小林麻央さん!

「愛している」という最後の言葉を残して、死去されました。

でも、なぜ?小林麻央さんのように、若いのにガンになって死ぬ人がいるのでしょうか?

 

ガン治療方法は飛躍的に進歩していますので、亡くなる人は減ってもいいはずですが・・・・

それで、なぜ若い人がガンになるのか???

その原因と対処法について私なりにいろいろ考えてみました。

若くてもガンになるワケとは?

若くてもガンになる

出典:女性の美学

若い人であれば、ガン細胞をやっつける免疫システムが活発に働くはずです。

ガン細胞が発生しても、免疫システムが働いて、ガン細胞は消えてしまってもよいはずです。

 

ところが実際は、体の中にガン細胞を増殖させてしまう若いガン患者が増えているのです。

これは何故でしょうか?

上の写真の女性の美学では、「食生活の欧米化に伴って日本人が動物性タンパク質を食べる機会が増えてしまった」ことに大きな原因があるとしています。

 

小林麻央の進行性乳がん

進行性乳がん

出典:nyuugan-jyouhou.info

小林麻央のがんについては、自身のブログでも進行性乳がんであることを明らかにしていました。

進行性乳がんとは、「転移性乳がんのステージ4」、「同時進行性乳がんのステージ3」の乳がんのことで、炎症性乳がんのことを指します。

そして、進行性乳がんは、ホルモン受容体を増殖させるタイプの乳がんで、エストロゲンやプロゲステロンの分泌で癌の細胞が増えるのが特徴です。

 

ガンの進行度

ガンの進行度

出典:skeptics.geo.jp/diary

よく若い人のガンの進行は速く、高齢者は遅いと言われますが、実はこれは迷信なのです。

小林麻央の場合は、発見された時点で悪性度の高いガンであった可能性が高いです。

ガンの進行が速いか遅いかは年齢ではないのです。ガンには進行度の速い悪性度の高いガンと、進行度の低いガンがあるのです。

 

若い人のガンはほとんど精神的ストレス!

ストレスとガン

出典:1kampo.com

適度なストレスは、生体機能を活性化して治癒力を高めます。

ところが、過度のストレスは生体機能は異常をきたす原因になります(図)。

そして、内分泌自律神経に悪影響を及ぼし、免疫機能を低下させます。

また、過度のストレス睡眠消化管にも悪影響を及ぼし、これも免疫機能の低下につながります。

小林麻央さんの乳がんの原因もひょっとしたら、ストレスだったのかも知れません。

結婚してすぐ海老蔵さんの流血事故や入院、そして、梨園の妻としての数々のプレッシャーを考えると、そう断言しても違和感は全くないです。

 

「心もからだも『冷え』が万病のもと」の著者川嶋朗先生は本の中で次のように書いておられます。

出典;medicaldoc.jp

医師として、数多くのガン患者と接してきました。40代、30代のサラリーマンや主婦、20代のOL、10代の学生もいました。その人たちに発病前の暮らしぶりや仕事の内容などをいろいろ聞いていくと、ほとんどの患者さんは、家庭内にトラブルを抱えていたり、仕事に大きな不満を抱えています。ほとんどのガンは、精神的なストレスから生まれている。

また独創的な免疫学理論で日本の医学会をリードしている安保徹教授も、多くの著書のなかで、ガンの原因は働き過ぎと心の悩みである場合が非常に多いことを明言しています。

安保 徹

出典;www.jcounselor.net

あぼ・とおる―医学博士。1947年、青森県に生まれる。1972年、東北大学医学部卒業。新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)。米アラバマ大学留学中の1980年、「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体」を作製し、「Leu7」と命名。1989年、「胸腺外分化T細胞」を発見し、1996年には「白血球の自律神経支配のメカニズム」を解明するなど、数々の大発見を達成。国際的な場で精力的に研究成果を発表し、活躍し続けている。著書には『人が病気になるたった2つの原因』(講談社)、『病気は自分で治す』(新潮文庫)、『「薬をやめる」と病気は治る』(マキノ出版)、共著には『ガンが逃げ出す生き方』『病気が逃げ出す生き方』(以上、講談社)などがある。

科学的証明は別として、多くの医師たちが、ガンと精神的ストレスとの密接な関係性を、実感しているのです。

 

だからこそ、この事実をあなた自身が自覚する必要があります。

ガンになったということは、それまでの人生や生活のなかに、何かしらの原因があるということです。

今現在抱えている体のガンは、医学的には切除することができるかもしれません。

でもその後、再び同じような環境に戻り、同様の暮らしを続けていけば、必ず数年後には再発するのです。

 

原因となるストレスを取り除き、生活習慣を改善しなければ、ガンは治らないのです。

 

低体温はとくに注意が必要

出典:taion.maria-s.net

出典:taion.maria-s.net

ガン細胞は35℃台を最も好み、39.3℃で死滅します。

若い人がガンになるのは交感神経が必要以上に緊張し、体温が低いからなのです。

 

交感神経の緊張が長期にわたって続いたり、過度の緊張を強いられたりすると、免疫システムは十分に働くことができなくなります。

また、体温が低い低体温になると、異常な遺伝子が修復されずに、異常なタンパク質、つまりガン細胞が体内に大量に発生しやすくなります。

そして、そのままガンは定着してしまいます。

 

さらに、上述したように過度のプレッシャーや不快感、低体温や精神的ストレス心の悩みなどによって交感神経が緊張を続けると、免疫機能も十分に働くことができなくなります。

そのため、そのガン細胞は一過性のものではなくなり、ガン組織を形成してしまうのです。

 

前述した安保徹先生は太陽にあたると発癌しにくいと言っておられます。是非あなたにこの安保徹先生の言葉に耳を傾けて欲しいです。

 

体内静電気の影響も無視できない

出典;koike-inc.jp

体内静電気とは、はじめて耳にする方も多いかも知れません。

でも、体内静電気はストレスによっても生ずるのです。

それで、これがガンの根本原因だと考えてもいいかも知れません。

 

実際、堀泰典という先生が、日本人のガンが急増した背景には、体内静電気の影響があると主張しておられるのです。

堀泰典先生は、医学博士・歯学博士・薬学博士の3つの博士号を持ち、独自の方法と理論で難病の治療に取り組み、奇跡的と言われる結果を数多く導いてきた先生です。

そして、堀泰典先生は、元気なミトコンドリア作ることが、ガンにならない秘訣だと結論づけています。

そのためには、細胞1個1個が1つでも多くのミトコンドリアをつくることが重要です。

驚くことに、前述の安保徹先生も堀泰典先生もミトコンドリアにガンの鍵があると言っているのです。

 

多分、体内静電気の落雷など何を言っているかわからないと思います。

興味がある人は下記の本をお買い求めください。

 

体内静電気を取り除くには

体内静電気を取り除くには、裸足になって大地と接触(アーシング)するだけで、簡単に取り除くことができます。

裸足になるのが難しかったら、上の画像のようなアーシングマットを利用しても、同様の効果が得られます。

 

アーシングしたら驚きの効果があった!

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

私の体験から言うとアーシングすると驚きの効果があります。

治らないと言われた難病が完治してしまったのです。

私が難病の潰瘍性大腸炎で苦しんでいる時、検査のたび3回も主治医から”あなたの歳だったらみんなガンになっている”と脅されましたが、そんなことは全くありませんでした。そればかりか、アーシングと砂浴をするようになってから、写真のような潰瘍性大腸炎が治っていたのです。

潰瘍性大腸炎

出典:難病患者から見た良い病院・悪い病院と一般的見分け方

 

おそらくガンにも効果があるのではないかと思います。

偶然か、実は堀泰典先生の「はだしで大地に立つと病気が治る」という本にも、”砂浜を歩いていたらガンが消えた!”という話が載っているのです。

下の会話は堀泰典先生が行きつけの居酒屋で耳にしたウソのようなホントの話です。  

「あいつ、ガンにかかって奄美大島に帰ったそうやな。ああ。でも、ガンが消えたとか言うて、今はこっちへ帰ってきとるぞ。ガンが消えた?そうや。なんとかっちゅう先生の講演で、体内の静電気を抜いたらガンが消えるって話を聞いてな。それには砂浜を歩いたり、海藻なんかでミネラルをたっぷりとったりするのが最適らしいんや。」

・・・・・

「それで病院にもいかず、朝から晩まで砂浜で寝そべったり、海で泳いだりしていたんか。そうや。あと、海ブドウを毎日たくさん食べてたそうや。そしたら、本当にガンが消えよったらしいわ。・・・・」

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ