1. TOP
  2. お役立ち5
  3. 糖尿病性神経障害とは?

糖尿病性神経障害とは?

 2013/05/26 お役立ち5 この記事は約 3 分で読めます。 406 Views
神経障害

糖尿病性神経障害とは、体のすみずみまで広がる末梢神経の働きが低下して起こる症状で、糖尿病の中で最も早く症状があらわれる合併症です。

それで手足の痺れなどを感じたら、糖尿病性神経障害ではないかと、検査を受ける必要があります。

神経障害は末期段階では、痛みも熱さも感じなくなります。

また自律神経が冒されることもあります。

手足の痺れをかんじたら

手足の痺れなどを感じたら、ヒュウガトウキ(日本山人参)を飲めば手足のしびれを解消することができます。

それはヒュウガトウキ(日本山人参)を体内に取り込むことでアルドース還元酵素の働きが抑制され、手足のしびれや糖尿病性末梢神経障害を防ぐことにつながるからです。

 

手足のしびれやジンジンする痛みなどを感じるのは、ソルビドースが末梢神経組織内に蓄積するからです。

アルドース還元酵素の働きを抑制すれば、グルコース(ブドウ糖)からソルビドースへの変換が抑制されますので、ヒュウガトウキ(日本山人参)を飲めばいいのです。

 

壊疽になると足を切り落とさないといけない!

糖尿病性神経障害でまず、現われる症状は、足の指先の痺れ、足の裏に何かついているような違和感、こむら返りなどです。

大きな特徴は、必ず左右両端に痺れが起こることです。

 

もうひとつの特徴は、手足の痺れが先端から始まることです。

手袋や靴下をはく部分に起こるので、グローブ・ストッキングタイプと呼ばれます。

さらに障害が進行すると、皮膚の感染、皮膚の潰瘍、顔面神経麻痺などいろいろな部分に影響がでます。

 

知覚神経障害が進行すると、痺れや違和感がひどくなります。

痺れは健康な人には想像もつかないほどつらいもので、まったく眠れなくなるほど悪化することもあります。

ときに痺れは痛みに変わります。

 

さらに悪くなると、細小動脈ばかりでなくやや太い動脈まで詰まり、壊疽を起こすことがあります。

壊疽になると足を切り落とすという最悪の状態に陥ります。

また、末期段階まで進行すると、全く神経が機能しなくなります。

こうなるとつらかった痺れや違和感を全く感じなくなります。

 

手足の痺れなどは知覚神経の障害から起こるものですが、自律神経が冒されることもあります。

自律神経に障害が起こると、男性機能の低下、めまい、立ちくらみ、胃腸障害、汗の分泌障害などが現われます。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦お役立ちの注目記事を受け取ろう

神経障害

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦お役立ちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 毛細血管を若返らせ血管年齢を下げる方法と食べ物

  • 幸せホルモン-セロトニンの出し方は?その鍵は大地、朝日、今!

  • 40代究極の若返り方法~アーシング&薬草(神草)

  • 重度糖尿病「長州小力/森永卓郎」奮戦記!アーシングすると?

関連記事

  • 糖尿病の”死ぬ恐怖”とは?

  • お米が痩せる?糖尿病予防にもなる?

  • 血糖値の改善事例!糖尿病の専門医もビックリした健康茶とは?

  • 血糖値を下げるお茶なら薬草茶(神草)を!

  • 血糖値だったら、スクワットで筋トレしながらウォーキング!

  • 長生きの極意はDHEAなど長寿ホルモンと長寿遺伝子!