手足の痺れを感じたら糖尿病性神経障害かも!

手足の痺れなどを感じたら、糖尿病性神経障害ではないかと、検査を受ける必要があります。

糖尿病性神経障害とは、体のすみずみまで広がる末梢神経の働きが低下して起こる症状で、糖尿病の中で最も早く症状があらわれる合併症です。

神経障害は末期段階では、痛みも熱さも感じなくなります。また自律神経が冒されることもあります。

神経障害

もし糖尿病性神経障害だったらアーシングです。

なぜアーシングかと言うと、次を読めばよーく分かります。

糖尿病性抹消神経障害の傷口が塞がった!

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

糖尿病性抹消神経障害の傷口が1週間で塞がったという事例はアーシングという本に載っていました。

下の写真がそうです。

84歳の糖尿病を抱えた女性の8ヶ月も閉じなかった傷口が加速的に癒された写真です。

84歳の女性が語ったところによると、1週間毎日アーシング治療を行っあと痛みが80%消えたと述べていて、同時に足を引きずって歩かなくなった。2週間後の治療後に、痛みは完全に消えたと述べているのです。

糖尿病の傷口

おそらく症状からみて、この女性は後述の「糖尿病性抹消神経障害」を発症していたものと思われます。

右上の写真は左上の傷口のクローズアップで、傷口が開いているあたりの皮膚の色が、薄青い灰色に変色しています。

真ん中の写真がアーシングを始めて1週間後、一番下の写真がアーシングを始めて2週間後に撮ったものです。

2週間で、傷口はふさがり、皮膚は劇的により健康的な色に変わっているのがわかります。

 

治療は、リラックスできる椅子にかけてもらい、電極パッチ(アーシングパッチ)を使って毎日30分間のアーシングセッションを行ったものです。

傷口は足に合わないブーツでできたものですが、傷口治療専門の病院でさまざまな治療をうけたにもかかわらず、良い結果が出なかったとのことです。

 

合成靴底売上上昇率と糖尿病上昇率

糖尿病上昇率と合成靴底売上上昇率

出典:chikyuno-kaze.com

関連性があるのか、偶然か?

上のグラフはアメリカの合成靴底売上上昇率と2型糖尿病の上昇率を示したものです。

よく似たカーブを示しています。

当初は95%の靴底が、伝導性のある革製だったのに、近年は95%が非伝導性の合成物質製の靴底に変わっているのです。

 

でも、アーシングするだけで、合併症でもなんなく改善してしまいます。

 

ソルビトールが痺れの原因になる!

出典:azby.fmworld.net

糖尿病の症状がない正常な人の場合は、ソルビトールが痺れの原因にはなりません。

その場合は、 ブドウ糖→(アルドース還元酵素)→ソルビトール→(ソルビトール脱水素酵素)→果糖の経路(これを「ポリオール経路」と呼ぶ)を経てブドウ糖からソルビトールが作られます。

最終的には果糖となって体外に排出されますので、何の問題も生じません。

ところが、人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態すなわちわち血糖コントロールがうまくいかなくなるとそうは行かなくなるのです。

つまり、神経血管内皮細胞および周囲細胞内でアルドース還元酵素が働いて、抹消神経内にソルビトールを大量に作り出し蓄積するようになります。

そうなると神経や血管などに障害が起こるようになり、四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みの自覚症状がが現れます。

しびれ

出典:ketuatusagetai.com

検査所見としては、神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

すなわち、手足がしびれる明らかな抹消神経阻害と診断されるのです。

さらに目の中の網膜、腎臓、神経の細胞は、特にソルビトールを大量に作りやすいです。

それで、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症が起こりやすくなります。

 

壊疽になると足を切り落とさないといけない!

出典:www.sasajimatadahiro.com

糖尿病性神経障害でまず、現われる症状は、足の指先の痺れ、足の裏に何かついているような違和感、こむら返りなどです。

大きな特徴は、必ず左右両端に痺れが起こることです。

 

もうひとつの特徴は、手足の痺れが先端から始まることです。

手袋や靴下をはく部分に起こるので、グローブ・ストッキングタイプと呼ばれます。

さらに障害が進行すると、皮膚の感染、皮膚の潰瘍、顔面神経麻痺などいろいろな部分に影響がでます。

 

知覚神経障害が進行すると、痺れや違和感がひどくなります。

痺れは健康な人には想像もつかないほどつらいもので、まったく眠れなくなるほど悪化することもあります。

ときに痺れは痛みに変わります。

 

さらに悪くなると、細小動脈ばかりでなくやや太い動脈まで詰まり、壊疽を起こすことがあります。

壊疽になると足を切り落とすという最悪の状態に陥ります。

また、末期段階まで進行すると、全く神経が機能しなくなります。

こうなるとつらかった痺れや違和感を全く感じなくなります。

 

やっぱりアーシングは必要

アーシング

砂浜でアーシング!マイナス電子や体内静電気以上の何か感じる

上の82歳の女性も糖尿病性抹消神経障害を放置していたら、”足を切り落とさないといけない事態”になっていたかもしれません。

残念ながら、現在の日本では糖尿病性抹消神経障害で壊疽になってしまったら、足を切り落とす意外にないのです。

そういう意味では、やっぱりアーシングは必要だと思います。

日本でアーシングを勧めているお医者さんに出会ったことはありませんが、アーシングという分厚い本に写真まで載せてあるのです。

騙されたと思って、一度やってみてください。

私が8年も苦しんだ難病の潰瘍性大腸炎も完治したのですから。ただ裸足になって大地の上に立つだけでも糖尿病性抹消神経障害はよくなると思います。裸足になって大地の上に立つだけでしたらお金もかかりません。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ