手足の痺れは糖尿病性神経障害を疑ってみる!

手足の痺れ糖尿病性神経障害を疑ってみる必要があります。

病院で検査を受けたら、すぐ分かります。

糖尿病性神経障害とは、体のすみずみまで広がる末梢神経の働きが低下して起こる症状で、糖尿病の中で最も早く症状があらわれる合併症です。

神経障害は末期段階では、痛みも熱さも感じなくなります。また自律神経が冒されることもあります。

神経障害

手足が痺れる原因

出典:azby.fmworld.net

手足が痺れる原因はソルビトールです。

抹消神経内にソルビトールが大量に作られ、蓄積すると神経や血管などに障害が起こるようになり、四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みの自覚症状がが現れます。

 

でも、糖尿病の症状がない正常な人の場合は、ソルビトールが痺れの原因にはなりません。

その場合は、 ブドウ糖→(アルドース還元酵素)→ソルビトール→(ソルビトール脱水素酵素)→果糖の経路(これを「ポリオール経路」と呼ぶ)を経てブドウ糖からソルビトールが作られます。

最終的には果糖となって体外に排出されますので、何の問題も生じません。

 

ところが、人が糖尿病状態となって血糖値の高い状態すなわちわち血糖コントロールがうまくいかなくなるとそうは行かなくなるのです。

そうなると、最初に述べたように神経や血管などに障害が起こるようになり、四肢のしびれ感や、ジンジンする痛みの自覚症状がが現れるのです。

しびれ

出典:ketuatusagetai.com

検査所見としては、神経伝導速度の遅延や振動覚の低下が見られるようになります。

すなわち、手足がしびれる明らかな抹消神経阻害と診断されるのです。

さらに目の中の網膜、腎臓、神経の細胞は、特にソルビトールを大量に作りやすいです。

それで、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症が起こりやすくなります。

 

痺れがひどくなると壊疽になることも

出典:www.sasajimatadahiro.com

糖尿病性神経障害でまず、現われる症状は、足の指先の痺れ、足の裏に何かついているような違和感、こむら返りなどです。

大きな特徴は、必ず左右両端に痺れが起こることです。

 

もうひとつの特徴は、手足の痺れが先端から始まることです。

手袋や靴下をはく部分に起こるので、グローブ・ストッキングタイプと呼ばれます。

さらに障害が進行すると、皮膚の感染、皮膚の潰瘍、顔面神経麻痺などいろいろな部分に影響がでます。

 

知覚神経障害が進行すると、痺れや違和感がひどくなります。

痺れは健康な人には想像もつかないほどつらいもので、まったく眠れなくなるほど悪化することもあります。

ときに痺れは痛みに変わります。

 

さらに悪くなると、細小動脈ばかりでなくやや太い動脈まで詰まり、壊疽を起こすことがあります。

壊疽になると足を切り落とすという最悪の状態に陥ります。

また、末期段階まで進行すると、全く神経が機能しなくなります。

こうなるとつらかった痺れや違和感を全く感じなくなります。