乳がんや子宮頸がんになっても○○で悩む必要はない!

乳がん子宮頸がんになるとS○Xはできるかと、多くの方が1人で悩まれるようです。

でも、全く悩む必要などありません。

 

S○Xは、この世が男女で成り立っている限り、絶対に必要なものです。

夜の中には欲望を掻きたてるようなものが反乱していますが、本質的には神聖なものです。男性が前立腺がんになったとしても同じです。

従来のS○X感さえ変えればいいのです。

 

そこで、私がお勧めの方法やNHKあさイチ等テレビで放映された内容をまとめてみました。

乳がんや子宮頸がんが見つかると

性生活に及ぼす影響

出典:厚生労働省

乳がんや子宮頸がんが見つかると、上図のような様々な条件が性行為に影響を及ぼします。

また、抗がん剤治療を受けると、体に深刻な影響を及ぼし、「女としての喪失感」を強く感じるようになります。

ガン治療による性機能への影響

出典:.YAHOO!知恵袋

・膣のうるおいがなくなる
・髪の毛がすべて抜け落ちてしまう
・乳房を失う
・S○Xできないなど

さらに、「性行為によって女性ホルモンが増えて、病気が進行するのでは?」という不安を持たれる方もおられますが、これは全くの迷信です。

性行為と癌の進行の間には何の関係もありません。

 

夫婦間のS○X問題

-shared-img-thumb-C778_yameteanata_TP_V

夫婦間のS○X問題の解決が難しいのは、仲のいい友だちほどいいにくい状況があるからです。

・子宮頸がんで夜の生活が怖くなった
  →子宮頸がん手術後のS○Xは可能か
・夫が求めてきても痛くてできない
・夫婦間に波風がたった
・夫が浮気していることを知り狂乱状態になった
・自分を責め続けるなどです

また夫の方も”痛々しい”などの理由で、求めてこなくなる場合もあるようです。

 

しかしながら、S○Xは心地よく楽しみに満ちたものです。

病気との関係も心配する必要はありませんので、是非とも楽しみたいものです。

 

子宮頸がんの場合は?

子宮頸がん

出典:news.livedoor.com

子宮頸がんの原因はヒトバビローマウィルス(HPV)です。

100種類以上におよぶHPVの中に発癌の原因となる種類がいて、S○Xで感染するのです。

たいていは感染しても自然消滅します。

 

ただ子宮頸がんになった女性は、HPV保持者ということを忘れてはいけません。

相手の男性とS○Xをする時は、避妊具をつけるようにした方がいいです。

避妊具をつけなかった場合、相手の男性の精子中にもHPVが感染します。それで、その男性が別の女性と性交渉を行えば、感染する確率が高くなります。