本当にカロリー制限は命が危ないのか

患者さんの状況に応じて対処すべき

糖質制限はメリットは大きいがデメリットもある!

私なりに考えた見解とは「カロリー制限食も糖質制限食もメリットと同時にデメリットもある」という事です。

いろいろ調べて見ると、糖質制限もカロリー制限もどちらもメリット、デメリットがあるようです。今の医学の到達点では、どちらが正しいかではなく、患者さんの状況に応じて柔軟に対処した方がうまくいくのではと感じました。

私が書いたブログ記事でも、糖質制限食もメリットと同時にデメリットもあることを明らかにしています。

興味のある方は、是非読んで見てください。

 

事実こそ重要!

手足の痺れを感じたら糖尿病性神経障害かも!

どちらが正しいかという議論の前に考えて欲しいことがあります。

それは事実こそ重要だと言うことです。

驚くことに、糖尿病性神経障害がアーシングで治ったという記事がアーシングという本に載っていました。

糖尿病性抹消神経障害の傷口がアーシング1週間で塞がったというのです。

下の写真がそうです。

84歳の糖尿病を抱えた女性の8ヶ月も閉じなかった傷口が加速的に癒された写真です。

糖尿病の傷口

84歳の女性が語ったところによると、1週間毎日アーシング治療を行っあと痛みが80%消えたと述べていて、同時に足を引きずって歩かなくなった。2週間後の治療後に、痛みは完全に消えたと述べているのです。

私の難病「潰瘍性大腸炎」もアーシングと砂浴で完治しましたから、驚くべき事ではないと思います。