むくみやたるみを取ることがアラフォーダイエットの決めてだった!

若返り

アラフォーというとなかなか痩せにくいです。

しかも、痩せても綺麗になるというのは至難の技です。

整形外科医の中村格子先生はそのワケを「40代になると太るよりたるんでいる人が多い」からと指摘しています。(後述)

その大きな原因のひとつは体の”むくみ”です。

痩せにくいアラフォーダイエットの決め手はむくみやたるみを取ることだったんです!

むくみで見た目の印象も変わる

顔のむくみ

出典:ameblo.jp/kogao-komachi

上の女性の写真は顔にむくみがある場合とない場合の比較写真です。

このようにむくみは老けた印象を与え、とくにむくみが顔に現れると決定的です。

見た目の印象が全然違うのです。

 

むくみにつては「健康カプセルゲンキの時間」でも取り上げられました。

そして、むくみの原因として、「肉や魚などを食べない」「アルコール」「ふくらはぎのポンプ機能」「塩分の摂りすぎ」などが取り上げられました。

 

それにストレスとストレスホルモンのコルチゾールは、不健康かつ見苦しい腹部脂肪を蓄積しやすくすることがわかっています。

腹部脂肪

 

アラフォー女性は「太る」より「たるんでいる」

下っ腹デブ

整形外科医の中村格子先生は「40代からはやせてもきれいになれません!」という本の中で、“やせずにきれいになる”ボディメイク術を徹底レクチャーしておられます。

中村格子;整形外科医、医学博士、スポーツドクター。横浜市立大学客員教授。日本代表チームドクターとして海外遠征に帯同するなど、トップアスリートの指導・治療にあたるかたわら、「健康であることは美しい」をモットーに、自らをモデルに見せる、わかりやすいエクササイズ指導が人気。テレビ、雑誌で幅広く活躍。著書に『ドクター格子の食べてもやせる魔法の10秒エクササイズ』(宝島社)、『DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版』(講談社)など多数。

 

40代以降、痩せることは決してきれいになることではありません。

それは「太る」より「たるんでいる」場合が大半だからです。

 

何も考えずに食事だけを減らすと、体を引き締める働きをする筋肉が落ちてしまい、逆に体がたるんでしましまうからです。

5歳も10歳も老けてしまい、最悪の場合はサルコペニア肥満になってしまいます。

40代女性の筋トレなしのダイエットはサルコペニア肥満の危険性!

 

中村格子先生の”美”ゾーンのボディ

脂肪と筋肉のバランスマップ

出典:woman.excite.co.jp

上の表は、筋肉と脂肪のバランスを中村格子先生が図式化したものです。

筋肉が多く、脂肪が少ない”美”ゾーンのボディが、最もきれいに見えて理想的です。

ただ、いきなり”美”ゾーンをめざすと挫折しやすいので、40代以降はまず、脂肪がついているけど筋肉もついている”若”ゾーンをめざす必要があります。

 

アラフォーのたるんだお腹には?

ぽっこり下腹ゆるみ

出典:yasepuri.jp

アラフォーのたるんだお腹には骨盤底筋ダイエットです。

実は、骨盤底筋を鍛えながらダイエットすることができるのです。

それは、骨盤の歪みが原因で、下半身太りや下腹がぽっこり出てきてしまっている女性がいるからです。

そんな人にとっては、骨盤底筋ダイエットはアラフォーダイエットの決め手となります。

膣トレ

骨盤底筋ダイエット

むくみはアーシングが一番!

むくみを消すのはアーシングが一番です。

なぜなら、体内静電気を抜けばむくみはすみやかに消えていくからです。

つまり、はだしで大地に立つだけむくみはとれるのです。

近くに海岸の砂浜があれば、そこをはだしで歩くのが一番いいです。

下の写真は、「はだしで大地に立つと病気が治る」という本に載っていた45歳女性・会社員の写真です。(著者;堀泰典)

体内静電気とむくみ

写真の女性はとくに顔と足のむくみがひどく、起き抜けの顔などは、まるで「アンパンマン」のようで、膝が曲がらないようになっていました。それが未舗装の道路や畑など、土をみればれば手を置くようにしてはだしになって土の上を歩くようにしました。併せて、体内静電気をキャンセルするというミネラルもしっかりとるようにしました。そうしたら半年くらいして、顔は以前よりスッキリして、あごなどの輪郭もシュッとしてきた感じになったそうです。しかも、体重が半年で5kg減って、ポッチャリ系からスレンダー系に変身できそうということです。

堀 泰典(ほり・やすのり)

出典;www.dr-hori.com

1956年、三重県生まれ。80年、岐阜歯科大学(現・朝日大学)卒業。97年に昭和大学医学博士、2005年に明海大学歯学博士、07年に昭和大学薬学博士。医学・歯学・ 薬学の3つの博士号を持つ「ドクタースリー」。歯科医師時代には、筋肉の反射や筋肉をゆるめることによる顎関節症の治療で注目される。独自の理論と方法で難病の治療に取り組み、奇跡的といわれる結果を数多く導いてきた。現在も、多くの人を健康にするために、「体内静電気」をはじめとした唯一無二の理論にもとづく研究開発に取り組んでいる。

 

またアーシングという本によると、アーシングはコルチゾール(ストレスホルモン)を正常化するとのことです。

そして、アーシングを実践している多くの女性達が、体重を減らしたり、今の体重を維持するのに、アーシングが決め手だと報告しているのです。ただ裸足になるだけで、不眠が解消し、女性を綺麗に健康にするのですから、実践しないというのはもったいない話です。

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

 

はだしで歩くのが困難な人は、アースマットやアースシーツなどでも同じ効果が得られます。

興味のある人は上の画像をクリックしてください。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ