このままでは日本人の骨が脆くなってしまう!

このままでは日本人の骨が脆くなってしまうそうです。

それは日本人の98%が不足している栄養素が判明したからです。

日本人の98%が不足している栄養素とはビタミンDです。

調査を実施した東京慈恵会医科大学の越智小枝医師は「将来の日本人の骨が危ない。このままビタミンD不足が続けば多くの人が骨粗しょう症に近づく」という――。

 

骨粗しょう症は骨がスカスカになってしまう恐ろしい病気す。

一般的には50代以降から増える病気です。

ところが、最新調査によると、30~40代でも骨密度が危険ゾーンに突入してしまっている人が1割もいることが判明したのです。

しかも、早く老けるというのです。

30,40代でも骨粗しょう症

出典:30,40代でも骨粗しょう症

Contents

ビタミンDが不足すると

出典;news.yahoo.co.jp

慈恵会医科大学の調査結果でも年齢が低いほどビタミンD不足の割合が高いという結果という結果になっています。

高齢者よりも若年の働く世代のほうが、ビタミンD不足が深刻といえるのです。

ビタミンというと、ビタミンDよりもCやBの摂取を心がけている人が多いです。あまり知られていませんが、ビタミンDは健康な骨を維持していくために、私たちにとってなくてはならない栄養素です。

 

ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収が減り、骨粗しょう症や骨折のリスクが高まります。

骨の老化の怖いところは、すぐには症状が現れず、骨がもろくなってトラブルが起きてから気づくこと。このままビタミンD不足が続くと、無言のまま骨の衰えが進行し、気づいた時には骨粗鬆症の一歩手前になる、ということも予測できます。

また、ビタミンDは骨粗しょう症以外に、男女の生殖機能や不妊との関係についても注目されています。

そのほか、ビタミンDには免疫を調整する役割もあります。

感染症に対する防御作用を高めて重症化を防ぐほか、血管の動脈硬化や自己免疫疾患の重症化予防、がんの死亡率が下がるといったこともわかってきました(東京慈恵会医科大学「ビタミンDサプリメントの摂取と癌の死亡率」報道資料)。

 

現代人のビタミンD不足が深刻な理由は、大きく2つ考えられます。

1つは日光に当たる生活が少なくなったことです。(詳細は記事の最後に記載)

もう1つは食生活の変化です。

ビタミンDは一部の魚やキノコ類に多く含まれています。食事が欧米化したことで、昔の人に比べてこれらの食べ物からビタミンDを摂取する機会が減ったことが考えられます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。