咳が止まらない???新型コロナウィルス?大人ぜん息?

風邪は治ったのに咳が止まらない!

長引いている!

なぜ???

パンデミックの今だったら、新型コロナウィルスに感染している可能性があります!

新型コロナウィルス

もしそうでなかったら、大人のぜん息かも知れません。

こういう場合は、絶対にマスクはつけるべきです。

なぜなら、他人に移してしまって、あなたがバンデミックの元凶になるかも知れないからです。くしゃみや咳はあなたが思っている以上の威力を持っているのです。

喘息

体が発する危険サインを見逃さないようにしましょう。

もし肺炎を発症してしまったら、特にお年寄りは死を招く危険性があります。

くしゃみや咳は外からの異物に対する防御反応

咳は異物を取り除く防御反応

出典:matome.naver.jp

くしゃみや咳は外からの異物に対する防御反応で非常に重要なものです。

くしゃみや咳は、刺激によって出ますが・・・・

実は、くしゃみは新型コロナウィルスがくっつくときも出るのです。また咳は肺炎、気管支炎、逆流した胃酸の刺激、心理的ストレスなどによっても出ます。

 

そして、呼吸器から分泌される粘液で、ホコリや細菌などを排出する役割がタンになります。

医学博士萩野剛志監修「人体の不思議」には次のように書いてあります。

くしゃみの防御反応

くしゃみは、空気中の異物が体内に入らないようにするための体の反射的な防御反応です。鼻の粘膜にゴミやウィルスなどがつくと、その刺激が神経を通じて筋肉に伝わり、肺と腹部にある横隔膜が収縮して息を吸い込みます。そして、一気に息を吐き出すことで、息とともに異物を体外に出そうとして起こるのが「くしゃみ」です。

くしゃみの驚きの威力

くしゃみのときに出る呼気の速さは、なんと秒速が時速320kmにもなると言われます(咳の場合もほぼ同じ勢いで飛び出していきます)。しかも、くしゃみとともに周囲に飛び散る唾液は、時速30kmで、勢いよく飛んだ場合は3~4m先まで飛んでしまうこともあります。

くしゃみによる飛沫

風邪やインフルエンザ患者の場合、1回の咳で約10万個、くしゃみの場合は約200万個のウィルスを放出するといわれているため、こうして飛散した唾液(飛沫)によって、飛沫感染を起こさないよう、マスクなどでできるだけウィルスを広げないようにすることが大切です。

新型コロナウィルスの場合、非常に微細でマスクはほとんど役には立ちませんが、上の飛沫感染を防ぐには大いに役に立ちます。

しかしながら、まだほとんどんのお店はマスクが品切れ状態です。

こういう時は、NHKあさイチで紹介された感染症専門医の水野泰孝さんの「マスクの賢い使い方」は役に立ちます。

知っておきたい!マスクの新常識

 

咳が止まらない原因はさまざま

慢性咳の原因

出典:www.erca.go.jp

咳が止まらず長引く場合は、新型コロナウィルスによる肺炎の可能性もありますが、肺がんや結核などの重い病気の可能性もあります。

それでまずPCR検査だけでなく、胸部X線検査を受けることをお勧めします。

 

胸部X線検査で異常がなければ、最も可能性の高いものとしては咳ぜん息や気管支ぜん息があります。

咳ぜん息は乾いた咳が長期間続き、夜明けから明け方にひどくなることが多いのが特徴です。

自然に治ることもありますが、そのまま放置すると本格的な気管支ぜん息に移行しますので早めの治療が必要です。

 

また、タバコを吸っている人はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の可能性も高いです。

この場合、たんを伴う湿った咳が長く続きます。

 

大人のぜん息~ここ30年で約3倍に増加!

死亡

ぜん息とは、気管支が炎症によって狭くなる病気です。(駆け込みドクター放映)

咳ぜん息から移行する人も3割ほどいると言われています。

 

ぜん息と言うと、小児ぜん息という印象が強いです。

ところが、大人になってから発症する大人のぜん息の患者が、ここ30年で約3倍に増加しているのです。

7割が大人になってから発症し、しかも、小児ぜんそくより治りにくいのが特徴です。

また診断されにくいため、年間約1800人がぜん息の発作で死亡しているのです。

大人ぜん息患者の佐藤さんは、34年前にぜん息を発症し今も発作の恐怖と戦っています。原因は不明ですが、家具を購入したあとにやたらと咳がでるるようになったといいます。

当初はかぜと診断され、薬を飲んでも治らず症状が悪化し、あわや窒息死寸前・・・・。「一生懸命呼吸するだけでした」と語っておられました。

 

大人の喘息の主な特徴

大人喘息の主な特徴

出典:medicommi.jp

この恐い大人ぜん息の主な特徴は次の3つです。

こういう症状があるときは、呼吸器内科の専門医に見てもらいましょう。

放置しておくと命さえ危ないです。

①8週間以上咳が止まらない。
②かぜのたびに咳が長引く。
③夜中から明け方に激しいせきが出る。

 

大人の喘息が増えている理由

だに

大人のぜん息が増えている理由は、ホコリやカビ、ダニ、ダニの死骸などが含まれるハウスダストです。

その不衛生な環境が一番の原因なのです。

そこで、部屋にはどれだけのハウスダストがあるのか、春日俊彰さんの自宅を、日本Wintonの清水晋さんが調査しました。6畳一間の部屋は、15年間、掃除をしていないきたない部屋でしたが・・・・。その測定結果は、なんと清潔な状態の2.5倍以上の約8万個(30cm角の空間内)。さらに、一度も洗ったことがないという万年床で測ったら、1ミクロンのホコリが10万個以上も漂っていたのです。

 

一般家庭で20程度確認できるカビのコロニー(集合体)は一般家庭の約5倍の98、ダニは71匹(1m2)確認できました。

医師陣は、まくらの黒い模様もクロカビでアレルギーを引き起こすと指摘しました。

 

ぜん息の予防には

ぜん息の予防

ぜん息の予防には、ハウスダストを減らし、特に睡眠の環境を清潔に保つ必要があります。

 

ハウスダス以外では、湿度・温度・気圧といった気候の変化や、カプサイシンが含まれる辛い食べ物、タバコ、さらには湿布に含まれるアスピリンによっても、喘息が起こる場合があります。

 

ぜん息かどうかを調べる方法としては、呼気に含まれる一酸化窒素の量を計測する呼気NO検査があります。

不衛生な環境で暮らしている春日俊彰さんのNO量を測定したら43ppb(ぜん息のグレーゾーン20~50ppb)で、ぜん息は十分疑って良いのではということでした。

長引く春日さんのせきの原因は、大量のカビとホコリが原因だったようです。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ