低気圧で頭痛などがする症状を「天気痛」と言う

低気圧がやってくると、もう気が滅入りますね!

何故なら、頭痛は低気圧に大きく左右されるからです。

これを天気痛と呼びます。

人間の体は低気圧によって大きな影響を受けるのです。原因まではまだはっきりと解明されてはいませんが、対処法はあります。

低気圧は頭痛の原因にもなる

低気圧がくると全身が膨張します。

それは大気から細胞にかかる圧力が低下するからです。

そのため、血液やリンパの流れ、血圧などに悪影響を及ぼすのです。

出典;medical.jiji.com

ドクターズガイドでは、低気圧による体調不調の原因の多くは自律神経が低気圧の変化に追いつかないこととヒスタミンの過剰分泌によるものとしています。そして、問題なのは「気圧の変化の最中」であり、特に「急激に低下するとき」が要注意とのことです。

 

だから、気圧の低下は”ズキンズキン”する辛い頭痛の原因にもなるのです。

偏頭痛

ズキンズキンする頭痛は事前に予測・予防できる!