低気圧はなぜ血圧や頭痛などに大きく影響するのか?

低気圧がやってくると、特に高血圧の人は要注意です。

何故なら、低気圧は血圧や頭痛などに大きく影響を及ぼすからです。

 

自分が低気圧の影響を受けやすい体質かどうかは記録をとるのが一番です。

「頭痛ーる」という無料アプリもあります。

 

でもなぜ、人間の体は低気圧によって大きな影響を受けるのでしょうか?

低気圧や血圧の関係について考えてみました。

低気圧と血圧の関係

出典:ドクターズガイド

出典:ドクターズガイド

気圧と血圧との間には、密接な関係があります。

気圧の変動しやすい時期は、血圧が乱れやすく、高血圧のリスクが極めて高くなるのです。

気圧の低下によりストレスが生じ、血圧の上昇につながるのです。

 

また、高齢で血圧の高い人は、脳出血発作を起こす危険性が考えられます。

まだ、それほど天気がくずれていなくても、低気圧が来る前の日に血圧上昇が強くおこります。

低気圧がやって来る時は、外出を控えるなどの注意が必要です。

それは本当は高血圧は恐い病気だからです。

 

低気圧と体調不良

低気圧と体調不良

出典:column.dekiru-no1.com

低気圧がくると全身が膨張します。

それは大気から細胞にかかる圧力が低下するからです。

そのため、血液やリンパの流れ、血圧などに悪影響を及ぼすのです。

ドクターズガイドでは、低気圧による体調不調の原因の多くは自律神経が低気圧の変化に追いつかないこととヒスタミンの過剰分泌によるものとしています。

そして、問題なのは「気圧の変化の最中」であり、特に「急激に低下するとき」が要注意とのことです。

 

また気圧の低下は”ズキンズキン”する辛い頭痛の原因にもなります。

偏頭痛

美人に多い偏頭痛

 

気象病は迷信!?

気象病

出典:kirei-torisetsu.com

台風や梅雨前線、寒冷前線などの低気圧が人間の身体に影響を及ぼすのは高血圧だけではありません。

 

産経新聞によると、「京都大付属病院の橋本求・特定助教らは、リウマチ患者の臨床データと気象庁の天候情報を分析し、気圧が低いほど関節の痛みや腫れが悪化するとの相関関係を明らかにした」ということです。

気象病は迷信ではなかったことが、はっきりと証明されたのです。

リウマチ患者約2千人のデータと、気象庁が公開している天候情報を分析した結果、気圧が低くなるほど痛みや腫れの悪化を訴える患者が多く、3日前の天気が最も影響。

湿度も若干関係するが、気温との相関はなかった。気温は無関係だった。

このことを統計学的に実証したのは世界初で、米オンライン科学誌プロスワンに掲載されました。

これまで「天気が悪くなると関節リウマチの症状が悪化する」「痛みなどがひどくなってきたので天気が崩れる」と医師や患者の間で感覚的に語られていましたが、証明するのは難しかったということです。

橋本特定助教は「なぜ関係があるのか仕組みまでは分からないが、医療現場で感覚的に言われていたことは確かだった」と話しています。

 

気象病とは?

気象病とは

上の気象とリウマチの関係のように、気象の変化が体調に影響を与え、なんらかの症状を発症したり、悪化させたりする病気を「気象病」と呼んでいます。

 

気象病としては、リウマチ以外でも、古傷の痛み、頭痛、気管支喘息、神経痛、胆石、血栓など、さまざまな病気が関係しています。

気象病を引き起こす原因は、気温や気圧が急激に変化する前線がその代表的なものです。

もともと人間には環境に順応する力が備わっていますが、強力な低気圧のように急激に環境が変化すると、体の順応が追いつかず体調に異常をきたし、病気を発症してしまいます。

冷暖房の普及などで、人間が本来持っている急激な環境変化能力が低下しており、気象の変化にうまく体を調整できない人が増えているのです。

 

気象病の予防は「くるくる耳マッサージ」がいい!

くるくる耳マッサージ

出典:www.fujitv.co.jp

「その原因Xにあり」のテレビ番組で放映されたものです。

それによると、気象病は「くるくる耳マッサージ」で予防できるとのことです。

 

また、気象病の症状を軽くするには乗り物酔いの薬を飲むと効果がある場合があると放映されました。

 

気象病で悩んでいる人は是非とも、試して欲しいです。