1. TOP
  2. 小林麻央など若い人もがん!なぜ?原因はストレス?体内静電気?

小林麻央など若い人もがん!なぜ?原因はストレス?体内静電気?

 2017/07/21 がん情報 冷え症・冷え症改善 この記事は約 8 分で読めます。 58,261 Views

どうして若いのにガンになる人がいるのでしょうか?

30代で乳がんになった小林麻央さん!

5月29日に退院され、在宅医療に切り替えられましたが、残念なことに最後の言葉「愛している」を残して、死去されました。

心よりお悔やみ申し上げます。

でも、どうして?

歳をとってからガンになるのは、ある意味やも得ないことです。

それはガン細胞をやっつける免疫システムが老化してしまい、できてしまったガンを掃除しきれなくなるからです。

体の老化はづしても避けられませんから、それはどうしょうようもないことなのかもしれません。

 

そこで、なぜ若いのにガンになる人がいるのか考えてみました。

若くてもガンになるワケとは?

若くてもガンになる

出典:女性の美学

若い人であれば、ガン細胞をやっつける免疫システムが活発に働くはずです。

ガン細胞が発生しても、免疫システムが働いて、ガン細胞は消えてしまってもよいはずです。

 

ところが実際は、体の中にガン細胞を増殖させてしまう若いガン患者が増えているのです。

これは何故でしょうか?

上の写真の女性の美学では、「食生活の欧米化に伴って日本人が動物性タンパク質を食べる機会が増えてしまった」ことに大きな原因があるとしています。

 

小林麻央の進行性乳がん

進行性乳がん

出典:nyuugan-jyouhou.info

小林麻央のがんについては、自身のブログでも進行性乳がんであることを明らかにしていました。

進行性乳がんとは、「転移性乳がんのステージ4」、「同時進行性乳がんのステージ3」の乳がんのことで、炎症性乳がんのことを指します。

そして、進行性乳がんは、ホルモン受容体を増殖させるタイプの乳がんで、エストロゲンやプロゲステロンの分泌で癌の細胞が増えるのが特徴です。

 

ガンの進行度

ガンの進行度

出典:skeptics.geo.jp/diary

よく若い人のガンの進行は速く、高齢者は遅いと言われますが、実はこれは迷信なのです。

小林麻央の場合は、発見された時点で悪性度の高いガンであった可能性が高いです。

ガンの進行が速いか遅いかは年齢ではないのです。

ガンには進行度の速い悪性度の高いガンと、進行度の低いガンがあるのです。

 

若い人のガンはほとんど精神的ストレス?

ストレスとガン

出典:1kampo.com

適度なストレスは、生体機能を活性化して治癒力を高めます。

ところが、過度のストレスは生体機能は異常をきたす原因になります(図)。

そして、内分泌自律神経に悪影響を及ぼし、免疫機能を低下させます。

また、過度のストレス睡眠消化管にも悪影響を及ぼし、これも免疫機能の低下につながります。

 

小林麻央さんの乳がんの原因もひょっとしたら、ストレスだったのかも知れません。

結婚してすぐ海老蔵さんの流血事故や入院、そして、梨園の妻としての数々のプレッシャーを考えると、そう断言しても違和感は全くないです。

 

「心もからだも『冷え』が万病のもと」の著者川嶋朗先生は本の中で次のように書いておられます。

医師として、数多くのガン患者と接してきました。

40代、30代のサラリーマンや主婦、20代のOL、10代の学生もいました。

その人たちに発病前の暮らしぶりや仕事の内容などをいろいろ聞いていくと、ほとんどの患者さんは、家庭内にトラブルを抱えていたり、仕事に大きな不満を抱えています。

ほとんどのガンは、精神的なストレスから生まれている。

また独創的な免疫学理論で日本の医学会をリードしている安保徹教授も、多くの著書のなかで、ガンの原因は働き過ぎと心の悩みである場合が非常に多いことを明言しています。

科学的証明は別として、多くの医師たちが、ガンと精神的ストレスとの密接な関係性を、実感しているのです。

 

だからこそ、この事実をあなた自身が自覚する必要があります。

ガンになったということは、それまでの人生や生活のなかに、何かしらの原因があるということです。

今現在抱えている体のガンは、医学的には切除することができるかもしれません。

でもその後、再び同じような環境に戻り、同様の暮らしを続けていけば、必ず数年後には再発するのです。

 

原因となるストレスを取り除き、生活習慣を改善しなければ、ガンは治らないのです。

 

低体温はとくに注意が必要

出典:taion.maria-s.net

出典:taion.maria-s.net

ガン細胞は35℃台を最も好み、39.3℃で死滅します。

若い人がガンになるのは交感神経が必要以上に緊張し、体温が低いからなのです。

 

交感神経の緊張が長期にわたって続いたり、過度の緊張を強いられたりすると、免疫システムは十分に働くことができなくなります。

また、体温が低い低体温になると、異常な遺伝子が修復されずに、異常なタンパク質、つまりガン細胞が体内に大量に発生しやすくなります。

そして、そのままガンは定着してしまいます。

 

さらに、上述したように過度のプレッシャーや不快感、低体温や精神的ストレス心の悩みなどによって交感神経が緊張を続けると、免疫機能も十分に働くことができなくなります。

そのため、そのガン細胞は一過性のものではなくなり、ガン組織を形成してしまうのです。

 

前述した安保徹先生は太陽にあたると発癌しにくいと言っておられます。

是非あなたにこの安保徹先生の言葉に耳を傾けて欲しいです。

 

体内静電気がガンの原因?

ガン抑制遺伝子

出典:medico-consl.com

日本人のガンが急増した背景には、体内静電気の影響があると主張しておられるのは、堀泰典先生です。

堀泰典先生は、医学博士・歯学博士・薬学博士の3つの博士号を持ち、独自の方法と理論で難病の治療に取り組み、奇跡的と言われる結果を数多く導いてきた先生です。

実は、健康な人でも毎日5000個ほどのガン細胞が生まれています。誰もがガンにならない理由は、遺伝子の中に、これらのガン細胞の分裂を止めて死滅させる「ガン抑制遺伝子が存在しているからです。

ガン抑制遺伝子としてよく知られているのが、P53と呼ばれる遺伝子です。P53遺伝子は、DNAの損傷が大きい細胞をアポトーシス(自殺)に導く働きがあります。

でも、この遺伝子を持つ細胞に、ミトコンドリアで生まれた体内静電気が落雷したらどうなるでしょう。ガン細胞を自滅させるシステムが機能せず、ガン細胞は思いのままに分裂・増殖することになります。

そして、堀泰典先生は、元気な(ミトコンドリア内静電気を生み出さいない)ミトコンドリア作ることが、ガンにならない秘訣だと結論づけています。

そのためには、細胞1個1個が1つでも多くのミトコンドリアをつくることが重要です。

驚くことに、前述の安保徹先生も堀泰典先生もミトコンドリアにガンの鍵があると言っているのです。

 

多分、体内静電気の落雷など何を言っているかわからないと思います。

興味がある人は下記の本をお買い求めください。

 

ガンと共に歩むために(小林麻央さんのブログから考える)

週間ニュース深読み

出典:ganhanaoru.net

小林麻央さんが、乳がんとの闘病生活をつづるブログが大きな話題になっています。

ブログに寄せられるコメントには同世代のがん患者からの書き込みも。

 

NHK週刊ニュース深読みでは、ガンと共に歩むにはどうすればよいか取り上げました。

ガンになった一番多い悩みが「誰にも相談できなかった」だそうです。

「家族は第二のガン患者」「緩和ケアとは」「2人に1人がガンになる時代」

誰がなってもおかしくないガン、家族の中でもぜひ話し合いたいものです。

週刊ニュース深読み「がんと共に歩むために 麻央さんのブログから考える」

 

ガンに効果的に働く「神草」と言われる薬草

日本山人参の効果・効能

最後に、ガンに効果的に働く「神草」と言われる薬草を紹介します。

なんと、冷え症に効果があり、ストレスを和らげ、しかもガン細胞をやっつけてくれる免疫細胞を活性化するというから驚きです。

 

若い人のガン予防にピッタシだと思いませんか?

興味のある方は、「 健康茶日本山人参の効果・効能とは?」をご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 熱中症?でも、夏の脳梗塞かも?脱水による夏血栓に注意!

  • 夏に謎の心臓痙攣(隠れ心臓病)が脳梗塞を招く

  • 夫婦のスキンシップ効果でセックスレスも改善!特に更年期には・・・

  • 池谷先生の臓器別及び糖質抜きダイエットとは?

関連記事

  • 体を温めるだけで、膝痛、アトピー、癌等の病気が良くなるのは?

  • 恐い内臓型冷え症&冷え症不眠の原因はお尻?|その原因、Xにあり

  • ガンの予防や再発予防に活かしたい驚きの薬草とは?

  • 真面目な性格の人ほど、心は冷えやすい

  • 女性だから受けたい大腸内視鏡検査!飲むだけのカプセル内視鏡もある

  • ガンは治せる時代に!|薬草でNK細胞を活性化!