血液ドロドロをサラサラにしたいと思ったら○○が一番!

血液サラサラ

写真のように血液ドロドロをサラサラにカンタンに治したいと思ったら○○が一番です。

○○とはアーシングのことです。ドロドロ血液の根本原因から考えてもアーシングが最も効果的でカンタンなのです。

 

もちろん食生活でも血液をサラサラにできます。

そこで、即効性のある血液ドロドロ解消食品を利用しながら、アーシングするとさらに効果は期待できます。

なぜドロドロ血液とボロボロ血管になるのか?

血液サラサラ

出典:ameblo.jp/jeenyus153

ドロドロ血液とボロボロ血管の原因は、食生活などの生活習慣にあることは間違いないです。

ところが、「はだしで大地に立つと病気が治る」という本には、なんとその根本原因は血管内静電気にあると書いてあったのです。

もうビックリしました😆

血管内で静電気が発生したまっていくと、それをキャンセルするために放電、つまり落雷が起こるらしいです。

そして、落雷が起こると、単体で流れている赤血球どうしがくっついて、血液が上図のようにドロドロになってしまうということです。

でも、体内静電気は裸足になれば簡単に抜くことができるそうです。

 

また、アーシングという本には、血液がドロドロになった人がアーシングすると、上の写真のようになったというエビデンス(検証結果)が掲載されています。

 

ドロドロ血液解消食品を利用しながら、裸足で大地に立つと、ドロドロ血液とボロボロ血管はカンタンに改善するのです。

だから、あらゆる病気も治ってしまうらしいです。

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

大地の上で裸足になるのが難しい人は、アーシングマットを利用することでも、同様の効果が得られます。

 

ドロドロ血液の簡単チェック法

下の裏

出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

自分が血液ドロドロサラサラであるかを見極めるには舌の裏をチェックするのが一番簡単です。

 

サタデープラスでも放映されました。

口を開けて舌の先を上の前歯につけると舌の裏の静脈が見えます。上の写真のように、この2本の静脈が黒ずんでいる人は、血液ドロドロの可能性が高いです。

 

東洋医学で言うと瘀血という症状で、血液が固まり滞っている状態です。

2本の静脈が拡張し、浮き出ているのです。

 

アーシングしながら血液ドロドロ解消食品を!

出典:ドロドロ血とサラサラ血

出典:ドロドロ血とサラサラ血

血液ドロドロ解消食品というのは、わかさという健康雑誌に載っていたものです。

 

わかさが選んだ第1位の食物は黒酢で、2位が梅肉エキスです。

ビールも適量であれば、効果があります。

これで、あなたの血液ドロドロサラサラに変えることができます。

アーシングするとさらに良い結果が期待できます。

液解ドロドロ血消食品



即効性が群を抜いています。飲んで1~2時間後には、血液がサラサラになると考えられます。








ムメフラールという含有成分が血小板の凝集を抑えます。




ナットウキナーゼという成分に血小板の凝集を抑える働きがあります。







イワシ、サバ、サンマなど青背の魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)が赤血球の変形能を高めてくれます。




黒い色素成分(ポリフェノール)に血小板の凝集を抑える働きが備わっています。




渋み成分のカテキンに、血液をドロドロにする活性酸素(攻撃力の強い酸素)を退治する、優れた働き(抗酸化作用)があります。




赤い色素成分のリコピンに優れた抗酸化作用があります。







血液中の中性脂肪を減らす辛み成分や、血小板の凝集を抑える香り成分を含むなど、血液サラサラ成分がつまっています。





ッコリ
|


抗酸化力の強いビタミンAやビタミンCが豊富です


10位

|

適量のビールは、赤血球の変形能を高めます。

 

お酢の効用については、NHKあさイチでも放映されました。

夏こそ!ビネガー

出典:hamsonic.net

 

ボロボロ血管にしないためには?

ボロボロ血管

出典:セルフドクターネット

ボロボロ血管にしないためには、アーシングが一番です。

寒い時期や何らかの理由で裸足になれない場合は、下記のようなアーシングTabiや電導性の靴下を履くようにすれば同じ効果が得られます。この場合、アスファルトではなく、草むらや土の部分を歩くようにしてください。

でも、ここでは脳卒中予防の専門医たちが提唱している3つの原則について説明していきます。

 

【第1の原則】ドロドロ血液をサラサラ血液にする

血液

ドロドロ血液って、どんな状態の血液かわかりますか?

よくわからない人は、まずはこちらのYutube動画をご覧ください。

 

ドロドロ血液になると、動画のように赤血球がつながり重なった状態になるのです。

糖分、中性脂肪、悪玉コレステロールなどが過剰に混じった血液・・・・。

これがドロドロ血液です。

これを浄化してサラサラにするためには、前述の「ドロドロ血液解消食品」を摂るようにして適度な運動(※ぶらんぶらんウォーキング)をすれば良いです。

コレステロールと動脈疾患

出典:シオノギ製薬

上の表からもわかるようにLDL(悪玉)コレステロール値が高まるにつれ、総冠動脈疾患と心筋梗塞の危険性は飛躍的に高まります。

つまり、LDLコレステロール値を抑えて、血液をサラサラにすれば血管の病気を防ぐことができるということです。

 

<ぶらんぶらんウォーキング>

ぶらんぶらんウォーキング

出典:kanarikinic.com

サタデープラスで紹介されたぶらんぶらんウォーキングは次のように行います。

1。背筋をのばし目線はまっすぐ、肩・腕の力を抜く。

2.地面を強く蹴るイメージで大股で歩く。

3.腕は自然にぶらんぶらんと振る。

1日10分程度

 

【第2の原則】硬くなった血管をしなやかに保つ

血管

高血圧の状態が続くと、その圧力に応じて血管は硬く収縮します。

さらに寒暖差の激しいところでは、急激に収縮したり拡張したりします。

冬場の風呂場やトイレで脳卒中が多く発生するのはこのためです。

 

まずは塩分摂取量を控えることが大切です。

ところが日本人はどうしても塩分を摂り過ぎるのです。

減塩

減塩の決定打!「減塩水レシピ」「スプレー醤油」「乳和食」

 

また塩分を排泄し、かつ血管を拡張させるカリウムを補給することも大切です。

そして不足すると、血圧を上昇させるマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを補給すると良いです。

 

握力で血管はしなやかに!

握力で血管はしなやかに

出典:yukhd.com

これは「たけしの家庭の医学」で放映されたものですが、手に握力を加えると、血管がしなやかになるそうです。

手に握力が加わると「NO」が分泌され、硬くなった血管を柔らかくするのです。

NOは血管やわらか物質なのです。

 

それで、入浴しながら写真のようにボールを握るようにすれば、血管年齢は若くなるのです。

 NOは家事などのちょっとした負荷でも分泌されますので、家事や洗濯などをこまめにやることでも血管年齢は若返ります。

 

【第3の原則】肝臓の機能を正常に保つ

脂肪肝

肝臓は摂取した栄養分を分解して血中に流し、老廃物や不要物を解毒する役割を担っています。

もし肝臓が正常に機能しない場合、血液はドロドロになってしまいます。

 

肝臓の機能を正常に保つためには、脂肪肝を改善することが大切です。

悲劇!脂肪肝を減らそうと急激に痩せたら・・・

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ