降圧剤は便利だがあまり頼りすぎると副作用が心配!

降圧剤は高血圧には非常に便利な薬です。

正しく使えば恐ろしい合併症も防いでくれるからです。

でも、頼りすぎもいけないです。

副作用が心配だからです。

特にお年寄りの場合はある日突然、死に至る脳梗塞心筋梗塞といった事態になりかねないです。

降圧剤

降圧剤

降圧剤は高血圧そのものを治すわけではない

降圧剤は高血圧は治さない

出典:ふれんずー.seesaa.net

降圧剤が血圧を下げるのは一時的なものです。

高血圧そのものを治すわけではないです。

降圧剤の服用を止めれば、すぐ血圧は上がってしまいます。

高血圧を根本的に治すには、生活習慣を見直し、実践する以外にないのです。

 

降圧剤は副作用が心配

降圧剤は副作用が心配

出典:kouketsuatsu-naosu.com

降圧剤を長期間使用し続けると、副作用が心配になってきます。

降圧剤を使用していて、発疹、めまい、ふらつき、貧血、吐き気、頭痛、動悸、息切れなどの症状がでたら、注意が必要です。

 

おおみや診療所の松本光正医師は次のように言っておられます。

降圧剤は、自律神経の働きを狂わせて免疫力を低下させ、さまざまな病気の原因になるといえます。

心臓病や腎臓病の患者さんの中には、長期間降圧剤を服用している人が目立つことから、私には、その使用に疑問を抱くようになったのです。

松本光正

出典;www.sbrain.co.jp

少ない薬と安価な医療を心がける40年の実績を持つ内科医。「笑いはすべての病気の予防、治療になる」「笑う門には福来たる。プラス思考が大切」をモットーに、笑いをふんだんに取り入れた講演を行う。日本人が常識と信じる医療知識を笑いを交えて分かりやすく説明する話は、目からうろこと好評。

 

降圧剤は脳梗塞や心筋梗塞の副作用も

脳梗塞

出典:www.noukosoku.com

高齢者の場合、降圧剤を飲んでいる人が実に多いです。

でも、体調がすぐれず降圧剤を飲まざるを得ない以外はなるべく飲まない方がいいです。

なぜなら加齢により血管が硬くなっているので、心臓より血圧を押し出すとき、血管壁に圧力がよけいかかるからです。まず、降圧剤にたよらず血圧を下げる努力をしないといけないのです。

 

降圧剤を飲んで血圧を下げると、確かに脳出血は確実に防ぐことができます。

しかし脳梗塞や心筋梗塞の場合は、降圧剤で血圧を下げすぎると、かえってリスクが高まるという報告があるのです。

それは降圧剤を飲むことによって必要な血流が不足し、血栓ができやすく、血管が詰る脳梗塞や心筋梗塞が発生しやすいからです。

昔は脳卒中の大半は脳出血でしたが、現在は脳梗塞が75%を占めているのです。

 

生活習慣を見直しなさいと言われても・・・・

心筋梗塞

高血圧を根本的に治すには、生活習慣を見直し、実践する以外にないです。

でもそういわれても・・・・・

きっとそういう人に大きな助っ人になるのがアーシングです。

 

アーシングは高血圧にも効く!

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

アーシングは血圧を下げてくれる一番簡単な方法です。

アーシングという本には次のような話が載っています。

アーシングをスタートしてから高血圧がよくなった、という話をよく聞かされます。医者が投薬を減らしてくれた、という人たちもいれば、まったく薬がいらなくなった人たちもいます。ここに2つの事例を挙げます。

「10年前から同じ量の薬を飲んでいるのにもかかわらず、私の血圧は下がったままです」「86歳になる私の母親に素晴らしい結果が出ました。彼女は何年間も高血圧の薬を飲み続けてきました。その薬をやめさせてもいいほど血圧は下がりました。今ではそれほど強くはない新しい薬を飲んでいます」

また、上のようなコメントがあるのは、アーシングの次のような影響を考えると当然だと、書いてあります。

◎血液の循環と電気的活動の改善

◎神経系を落ち着かせる効果

◎コルチゾール(ストレスホルモン)を正常化させる影響

◎よりよい睡眠

◎炎症と痛みの軽減

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ