座ったまま絶命した女優の深浦加奈子!

死を目前にしながらも女優を諦めなかった!

Businessman is climbing.

抗がん剤の副作用で、吐き気、めまい、肌荒れ、そして致命的副作用・・・。

そして、頭の毛も抜け落ちてしまったのです。

医療用ウィッグ

出典:calon.ilma-beauty.com

それでも、深浦加奈子はウィッグをつけて演技を続けました。

周囲も全く気づかないほどでした。

 

2006年8月18日、肝臓癌の診断が下され、手術が不可能な状態で、放射線治療をうけました。

そして5年目の2008年、肺がんに・・・・。

”酸素ボンベが手放せない” ”食べ物を飲み込むのが大変”、終末医療を勧められたのですがそれも拒否したのです。

死を目前にしながら女優を諦めていなかったのです。

 

そして最後の演技、前向きに生きる水商売の女の2時間にわたる芝居を演じきったのです。

出典;japanese.china.org.cn

それも、共演者にも気づかれずに・・・・。

深浦加奈子は、演じることの喜びを噛みしめていたといいいます。

 

そして、最後の舞台から半年後、2008年8月25日、イスに座ったまま病院で亡くなったのです。