今、日本の女性たちが急激にオス化している!

今、日本の女性たちが急激にオス化(男性化)している」と・・・・・

こう警鐘を鳴らすのは、東京・世田谷区にある女性専門外来、成城松村クリニックの松村圭子院長です。(予約殺到!スゴ腕の専門外来SP4より)

松村圭子院長

出典;www.seijo-keikoclub.com

成城 松村クリニック院長

専門分野 婦人科
日本産科婦人科学会専門医 広島大学医学部卒業

[著 作]10年後もきれいでいるための美人ホルモン講座(永岡書店)女性ホルモン 美バランスの秘訣(大泉書店)女性ホルモンでふわっと香る美人になる(ベストセラーズ)40歳からの女性の不調にやさしく効く漢方の本(日東書院本社)女性ホルモンがつくる、キレイの秘密(永岡書店)「幸せオーラの出るカラダ」(生活文化出版)

実に66%の女子がオス化!

ヒゲ女

産経ニュースによると、実に66%の女子が「自分をオス化(男性化)している」と感じています。

オス化女子急増

出典:産経ニュース

またアメリカのスキンケアメーカーの調査によると、9割の女子が口まわりのうぶ毛で悩んでいるといいます。

 

オス化が進むと・・・・

女子のオス化(男性化)が進むと、濃いヒゲが生えてきたり加齢臭が出てきたりと、女性にとっては困ったことになります。

さらに、男性のように濃いヒゲが生えてきてしまう人もいるらしく「ヒゲ女」という言葉まで生まれているのです。

 

さらに加齢臭まで

オジサンのイメージが強い加齢臭

ところが最近、若い20代~40代の女性にも加齢臭が増えているのです。

加齢臭の元は「ノネナール」と言う物質で、そのノネナールを作る基となるのが「活性化脂質」です。この活性化脂質は活性酸素が増えると増加し、それが皮脂腺から出て空気に触れると加齢臭になるのです。

加齢臭は女性の場合は、皮膚の表面を女性ホルモンで覆い防いでくれています。

ところが、女性ホルモンが減ってしまうとオジサンと同様、加齢臭になってしまうというのです。