ステージ4の癌にも関わらず奇跡的回復の鳥越俊太郎!

今も元気な鳥越俊太郎氏!

現在はメディアであまり見ることはなくいなりましたが、現在も忙しく全国で講演活動をされておられるようです。そんな鳥越俊太郎氏ですが、大腸がんステージ4でも「今は人生で一番健康」と、自分のがんの奇跡的回復ぶりを宣言されておられます。

出典;shuntorigoe.com

そこで、鳥越俊太郎氏の大腸ガン治療及び闘病記について調べてみました。

鳥越俊太郎のがん治療とは?

腹腔鏡下手術

出典:kyoundo.jp

鳥越俊太郎さんは、2005年に直腸がんが見つかって手術しました。

その後、2007年に肺に転移が見つかり、2度手術。

さらにその後、肝臓にも転移が見つかって手術と、計4回手術を受けておられます。

 

直腸ガン、肺ガンの手術は、腹腔鏡下手術です。

腹部に5-12mm程の穴を4-5箇所あけて、手術器具とカメラを入れて、モニターでおなかの中を見ながら手術をするやり方です。

それで、あまり体には負担はなくて、すぐ仕事に復帰したといいます。

腹腔鏡下手術跡

出典:kyoundo.jp

ただ、肝臓の手術のときは開腹手術で、体に大きな負担になったようです。

今でも鏡を見ると、傷口が残っていますが、大腸ガンの腹腔鏡下の手術は全然傷口が見えないほどです。

 

直腸ガンの場合、肝臓や肺に転移しやすく、死亡率も高いです。

直腸がんの死亡率は、女性ではガン死亡率の第一位となっています。

 

癌のステージ4でも

出典:大腸がん情報サイト

出典:大腸がん情報サイト

鳥越俊太郎さんの場合は肝臓や肺に転移し、最も厳しい「ステージ4」ということだったんですが・・・・。

大腸がんの「ステージ4」とは、肝臓や肺、腹膜など離れた臓器に転移している状態で、5年生存率は18.8%となっています。

ステージ0や1のような早期の段階では90%以上の確率で治るんですが・・・・。

 

虎の門病院の担当医によると、鳥越さんのがんの手術は、5500例のうち数例という奇跡的回復ぶりとのこと。

しかも、大腸ガンを発症してから8年になるので、卒業したと言っていいのではないかということでした。

 

これも、毎月、忙しい中でも検診を欠かさず受けてきたことが、早期発見・早期手術につながり、功を奏したようです。

 

ステージ4の他の芸能人は?

ステージ4の他の芸能人は?

初めて、自身のブログでがんの進行度がステージ4であることを明らかにした小林麻央さん!

「5年後も10年後もいきたいのだーっ」と前を向いておられたのですが、亡くなってしまいました。

ガン

なぜ若い人がガンで死ぬのか?~小林麻央もそうだった!

 

また大腸がんというと、俳優の今井雅之さんが、大腸がんの「ステージ4」であることや闘病の辛さを述べ、亡くなられました。

また、北の湖親方も直腸がんによる多臓器不全のため亡くなられました。

北の湖親方の場合、糖尿病ががんリスクを高めたようです。

 

この差って、一体何でしょうか?