傷口を消毒するとかえって傷口は悪化する!

深い切り傷や擦り傷、転んだ傷等、えぐれた傷口を負ったときは・・・・。

傷口を消毒したり、ガーゼをあて、乾燥してはいけません。

え~っ!と思われる方もいるかもしれませんが・・・・。

傷口を消毒するとかえって傷口を悪化させてしまうのです。

 

ところがアーシングすると、傷の回復は早くなるから驚きです。

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

アメリカの有名なスポーツ医学の専門医がアーシングという方法で傷が早く治るというエビデンスを提供しているのです。

湿潤療法という傷口の治し方

出典:かもと整形外科医院

出典:かもと整形外科医院

深い擦り傷や転んだ傷等のえぐれた傷口には「湿潤療法」という治し方が一番です。

体液の働きで皮膚の再生が速く進むのです。

だから、驚くほど速く治ってしまいます。

 

湿潤療法とは、練馬光が丘病院傷の治療センター科長の夏井睦先生が始められた外傷治療の新しい治し方です。

夏井睦

出典;www.zakzak.co.jp

•1957年,秋田県生まれ。 •1984年,東北大学医学部卒業。日本形成外科学会認定医。 •2001年10月1日,インターネット・サイト「新しい創傷治療」を開設。 •2003年4月,特定医療法人慈泉会 相澤病院 傷の治療センター長として赴任。 •2007年7月,石岡第一病院 傷の治療センター長に赴任。 •2012年4月より,練馬光が丘病院 傷の治療センター。 •2017年10月より,なついキズとヤケドのクリニック開設 。

「消毒とガーゼ」撲滅宣言をしておられる夏井睦(まこと)先生は、自らのサイトで次のように宣言しておられます。

医療行為とは何かを言うことを問い詰めると,「病気や怪我の苦痛を取り除くこと」「病気や怪我を早く治すこと」の二つに尽きるだろう。これについては恐らく,異論はないと思う。この意味で,「苦痛を与え」「回復を遅らせる」行為は反医療行為とみなしていいだろう。

しかし,現在の日本の医療現場(そして世界中の医療現場)では平然と日常的に,その反医療行為が行われているのだ。それが「傷を消毒してガーゼをあてる」行為だ。「傷を消毒し,ガーゼをあてる」ことで,傷の治癒を遅らせて患者さんに経済的損害を与え,無用の身体的苦痛を与えているのだ。すなわち,医療行為として行われているものの中で最も意味がなく非科学的で野蛮な行為といえる。

 

薬も高価な治療材料も用いずに擦りむき傷もヤケドも治してしまいます。

大学病院で実際、皮膚移植が必要と宣告された重症のヤケドが2週間の通院だけで完治しているのです。

しかも、そんな事例が多数あるのです。

 

湿潤療法の原則は次のたった二つだけです。
1.傷を消毒しない。消毒薬を含む薬剤を治療に使わない。
2.創面を乾燥させない。

 

えぐれた傷も10日で完治

えぐれた傷

出典:wound-treatment.jp

テレビを見ていたら、道路で転倒して、少し深めの傷を負った女性と自転車で転んで顔を擦りむいた女の子が出ていました。

治療は、なんと傷口を水道水でパシャパシャ洗って、茶色いシートを貼ってこれで終わり・・・。そして、驚くことに10日後には、道路で転んでえぐれた傷はほとんど治っていたから驚きです。自転車で転んだ女の子の大きな傷が、跡形もなくキレイに治っていたのです。

 

実際、湿潤療法をラップを使ってやった人がいます。

その凄さが一目で分かります。

湿潤療法やってみたよ!

 

さらにアーシングすると・・・

ツールドフランス

出典:yuuma7.com

毎年7月にフランスで行われるツールドフランス(プロの自転車レース)は肉体的にも精神的にも過酷なレースで、ケガからの回復がなかなか進まないことも経験します。

 

2003年から2005年と2007年のレースで米国チームは、毎日の競争が終了したあと、アーシングを試みました。

すると睡眠がよくとれて、病気にもほとんどかからず、腱鞘炎をまったく経験することなく、その日のレーシングから劇的に疲労回復し、傷の回復もずっと早かったと報告されています。

 

下の写真はレースの選手が右上腕に深い裂傷を負い、一晩アーシングした結果の写真です。

迅速な傷の治癒が見られました。

この写真を提供したのは、カリフォルニア州パサデナの有名なスポーツ医学スペシャリストのジェフ・スペンサー先生です。

アーシング