黒沢年雄のガン手術体験は言葉の意味に深さがある!

黒沢年雄さんのガン手術体験は実に学ぶべきものが多いです

しかもその言葉の意味には深さがあります。

最近は山口達也ですが、自身のブログで、力を抜く生き方が少し解ってきた気がする。精一杯力をいれるのでなく、良い加減に力を抜くようにすると、それが逆に好結果になるから人生、不思議・・・・と書いておられます。

 

私も最近、”力を抜いて生きる”ことの重要性がわかってきたような気がします。

やはり人生は力を抜いて生きないとダメですね!

6度のがん摘出手術を経験

がん手術

俳優黒沢年雄さんは6度のがん摘出手術を経験しています。

2013年には3回の食道がん手術に加え、2回の胃がん手術と1年に5回の手術を受けたといいます。

それでも、2015年11月の検査でも「全く問題なしの健常者」と現在の状況を、自身のブログで打ち明けています。

 

黒沢年雄さんと言えば、昔はアイパー姿でしたが、現在は無精髭を生やし、ニット帽を被った姿がよく似合っています。

いかにも人生そのものを楽しんでいるようです。

出典:trend-japon.com