無性に甘い物が食べたくなった時やるべきこと!

人は誰でも、無性に甘い物が食べたくなる時があります。

特に女性は多いようです。

でも、それは女性特有の理由があるからです。

ケーキ

まずそんな時、まずやるべきことは女性特有の理由を知ることです。

これを知っているかどうかであなたの人生は大きく変わります。

 

その上でやるべきことをやればいいのです。

太らず健康になることができます。

方法としてはいろいろあります。最もあなたに合った最適な方法をみつけてください。いろんな方法を提供しています。

イライラすると甘いものに手が伸びるのは

糖質制限し過ぎ

出典:beauty-matome.net

糖質制限ダイエットを続けていて、たまに砂糖入りのコーヒを飲んだりすると、気持ちがホッと安らいだことありませんか?

これは、糖質をとることで、興奮を抑える脳内の神経伝達物質「セロトニン」が増えるからです。

逆に、ストレスを感じると気持ちを落ち着かせる”幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンが減ってしまうんです。

イライラするとつい甘いものに手が伸びるのは、脳内のセロトニンを回復させようとするカラダの反応なんです。

 

女性特有の理由とは

甘いものが食べたくなる時の女性特有の理由とは?

実は、女性は食事をしてから血糖値が元の状態になるまで、男性に比べて短いという女性特有の理由があったんです。

 

女性は血糖値が元の状態になるまで、4~5時間くらいといわれていますが、男性の場合は6~7時間もあるんです。

しかも女性は生理前になるとこの時間がさらに短くなるんです。

3時間くらいといわれています。

 

だから女性の場合は糖質を制限しすぎると、ふらふらになってしまうんです。

”女性がイライラすると甘いものが食べたい時”の原因理由は、ここにあったんです。