祓いに始まり祓いに終わる・・・・

※上の写真はnetenの写真です。意識進化のための最新テクノロジーが学べます。

 

祓いに始まり祓いに終わる・・・・

この言葉、白川に関係のあるセミナー(ワープ)に行ったとき教えてもらい、頭では解っていたつもりですが・・・・

 

最近、すごく理に適ったすごい言葉だと心底感じるようになりました。

それは、大祓いの国津罪の一節を唱えていたら、ある疑問がふと湧いて質問したことからです。

その「大祓いの国津罪の一節」とは・・・

・・・・己(おの)が母を犯し 己が子を犯し 母と子と犯し 子と母と犯し 畜(けもの)犯せる罪・・・・

こんな言葉を毎日唱えているとしたら、傍目には”それは何”と思ってしまいますよね。

大祓いは最強の祓い詞(ことば)

聞くところによると、七沢研究所ではどの祓い詞が最も効果があるか実験して調べたそうです。

そして、現在は以下の4つの祓い詞を唱えるようにしています。

・三種

・身禊祓

・一二三祓

・大祓い

 

その中でも、「大祓い」は罪や穢れ(けがれ)を祓う最強の祓い詞だそうです。

でも、肝心の天津罪(あまつつみ)、国津罪(くにつつみ)の部分を削除してしまったら、その効果は半減してしまうみたいです。

残念ながら、多くの神社の「大祓い」はこの天津罪、国津罪のほとんどの内容を削除してしまっているのです。

これではいくら大祓いが最強の「祓い詞」だと言ってもあまり効果は期待はできません。

何故削除してしまったか、その経過はよくわかりませんが、誰かが「おぞましい」内容だということで削除してしまったのかも知れませんね。

 

現代に甦る国津罪

私はこの大祓いの国津罪の部分を唱える時は、いつも〇〇な言葉だと感じながら唱えていました。

ある時、ふとここの部分は必ずしも近親相姦についてだけではなく、もっと広い意味で言っているのではないかと思いました。

そこですぐさま「エンペラーコードセミナー」の講師に質問したら、次のような答えが返ってきました。

あまり言いたくはないけど、親が子を殺す、子供が親を殺すというような内容も含まれます。

 

つまり、現代社会で問題となっている”親と子の関係””子と親の関係”すべてが含まれているということです。

確かこの「大祓い」はもう縄文末期にはできていたらしいです。

そんな大昔の人が作った祓い詞が、現代社会の問題を的確にあぶり出しているとはスゴイことだと思います。

 

現代版ー罪や穢れ(けがれ)から目を背けてしまったら、問題は何も解決しません。

いくら刑を重くしたり規則を厳しくしても、真の問題解決にはならないと思います。

一番大切なことは、そういう罪や穢れを素直に認め、それを祓い切る、言い方を変えると天と地の「底の国」に吹き送ることじゃないかと思います。

 

祓いには2つの意味があった!

これも「エンペラーコードセミナー」の講師から教えてもらったことですが、祓いは2つの意味で考える必要があります。

つまり「払う」という意味と「張る」という2つの意味があるということです。

 

私も含めてですが、ほとんどの人は今まで知識や経験などを一つ一つ積み重ねることだけに一生懸命になっていて、それを払うことに抵抗があります。

使っていないものでさえ、捨てることに抵抗を示します。

ところが、古神道では、積み減らしこそが肝要だと考えるのです。

冷静になって考えて見ると、例えばコップに水を注ぐ場合、満杯の状態では水はこぼれてしまいます。空っぽにしないと水を十分に注ぐことはできません。それと同様に知識や経験も同じなのです。家の中も断捨離しないと、新しいものは入れることはできません。これは宇宙の法則なのです。

 

だから、いいことも悪いことも全てを祓いきらないと、宇宙の叡智は降りてはこないのです。

払いきって初めて、いろんなものを張ることができるのです。

私がまだ全く祓いや鎮魂という言葉もあまり認識していなかった50代初めの頃経験したことですが・・・・。

私が、今まで築いてきた地位や感情を捨て去ったら、不思議としかいいようのない体験を実際したのです。

目に見えない力

私が引き寄せた不思議な体験・方法~全てを捨てれば奇跡は起こる!

 

祓うにはデジタルを駆使するのが一番

現代社会は一言で言えば情報化社会です。

好むと好まざるにかからわず、全ての人がこの情報の渦に巻き込まれています。

現在の電磁波の影響もバカになりません。

また、結界も破壊され尽くしていますので、さまざまな外からの攻撃を受けやすくなっています。

 

これらのものを全て祓い切らないと次のステップには行けないのです。

昔の人がやっていたような方法ではもう間に合わないのです。

「ロゴストロンショップ」を調べてみたら、祓いや鎮魂を手助けする機器や電磁波を防ぐグッヅが出揃っています。

しかも、それらのグッヅが日々進化しています。

安くはないので無理にはお勧めはしませんが、性能的にはビックリする商品ばかりです。

これらを使えば、祓いや鎮魂もたやすくなると思います。

 

アーシングも祓いのひとつでは?

私がいつもやっているアーシングについて調べてみましたが、これこそ「祓い」の典型じゃないかと思います。

なぜなら、「払い」と「張る」が科学的に明らかにできるからです。

 

「払い」は蓄積した体内静電気を排出する働きです。

「はだしで大地に立つと病気が治る」という本には、砂浜をはだしで歩くといとも簡単に体内静電気が抜けると書いてあります。私は体から抜けるのは、体内静電気だけでなく、鬱滞エネルギーやもっといろいろなものが、抜けるのではないかと思っています。

「張る」は地球から気をもらって体内を満たす働きです。

「アーシング」という本には、地球は自由電子の宝庫で、裸足になるとその自由電子が体に入ってきて、気の流れを活性化すると書いてあります。

 

上の2つの本を繋げて考えると、裸足になると「払い」と同時に「張る」という現象が起きると考えることができます。

つまり、日本古来から伝えらてきた「祓い」と同じことです。

こうやって具体的に突き詰めていけば、「祓い」という言葉がいかに理に適ったもので、科学的な言葉かということが理解して頂けると思います。