高齢者ダイエットで「寝たきり」続出!しかも、ダイエット食品が・・・

高齢者のダイエットは要注意です!

私は高齢じゃないから関係ないと思わないでください。40代から急速に高齢の症状はあなたの体に忍びよっているのです。下の記事はそのままあなたにも当てはまるのです。

週間現代に掲載されていた”糖質制限で『寝たきり』が続出中!”という記事は衝撃的でした。

週刊現代 糖質制限

高齢者糖尿病ダイエットし過ぎると筋力が低下するというのです。

骨粗しょう症を引き起こすから、寝たきりになりやすいというのです。

しかも、ダイエット食品が危ないというのです。

危ないダイエット食品一覧

 

でも、探せばあるもんですね~♬

寝たきりゼロの新事実が新潟県・粟島にあったんです。

新潟県・粟島とは

出典:imagic.qee.jp

一番最後に書き加えました。

高齢者のダイエット(糖尿病)に警鐘

高齢者の糖質制限ダイエットに警鐘

出典:news.mynavi.jp

週間現代によると、糖尿病やダイエットに「即効性がある」とブームが続く糖質制限。

だが今、その安全性に警鐘が鳴らされ始めたと・・・・。

 

 事例として、糖質制限をして、体重を85kgから76kgまで落とすことに成功した70歳の男性

1年半後、筋力が落ち、骨粗鬆になったというのです。

このまま長期入院すると寝たきりになるということで、自宅療養に切り替えたが、いまだに足腰の筋力が戻らず、歩くことができないままだというのです。

 

血糖値を下げるのに糖質制限は大きな力を発揮しますが、あまり極端なダイエットは控えた方が良さそうです。

医者なしの自己流の糖質制限は止めた方が良さそうです。

今、このような高齢者のダイエット(糖尿病)によるトラブルが、あちこちで起き始めているようです

 

なぜ危険か?

危険

このダイエット(糖尿病)の危険性についての解説については、私もなるほどと思ってしまいました。

糖尿病の世界的権威で。関西電力病院長の清野豊医師の見解です。

 人間には1日170gの糖が必要とされています。

 そのうちの120~130gは脳で消費され、30gは全身に酸素などを運ぶ赤血球のエネルギー源として消費されます。糖質は、生命をいじするために欠かせない栄養素なのです。

  糖質を制限してしまうと、代わりにタンパク質を構成しているアミノ酸を、肝臓が糖に作り変えるというシステムが働き始めます(糖新生)。タンパク質を糖に変えられるなら、肉を食べれば問題ないのではないかと思う方もいるでしょう。

  しかし、人体の維持に必要なエネルギーをタンパク質や脂質でまかなおうと思ったら、毎日大量の肉を食べなければなりません。数kgもの肉を毎日食べ続けることは現実的に不可能です。糖エネルギーが不足すると、それを補うために、体は自分の筋肉を分解してアミノ酸に変えていきます。結果、筋肉量がドンドン減っていってしまうのです。

考えてみたら、糖質を控えた分だけ余計に肉を食べるというのは難しいところがありますよね!

特に高齢者の場合は、栄養の吸収力も衰えるらなおさらです。

 

高齢者がダイエット(糖尿病)に安易に手をだすと・・・

 骨粗しょう症

65歳以上の高齢者が糖尿病にいいからと、安易に糖質制限ダイエットをすると、寝たきりになる可能性が高いです。

 「実際、私の病院でも質制限ダイエットで筋力が低下したと来院する高齢患者が増えています。」(前出・清野豊医師)

 

糖質制限ダイエットが引き起こす問題は、筋肉量の低下だけにとどまりません。

実は骨にも甚大な影響を及ぼすのです。

特に骨粗鬆は女性の高齢者に圧倒的に多く、注意が必要です。

 

 高齢者が寝たきりになってしまうと・・・・

寝たきりと認知症

出典:ninchisyo-information.link

筋力が低下したり、骨粗鬆になってしまった高齢者は、ほんのちょっとの病気や怪我で入院すると、あっという間に寝たきりになってしまいます。(愛し野内科クリニック院長 岡本卓医師)

 

寝たきりになったら、思うようにならない毎日に絶望し、もう誰とも話したくと思い始めます。

そこまできたら、認知症までまっしぐら。

やがて判断能力がなくなり、、家族の顔も忘れ、孤独のうちに一生を終えることになります・・・。

 

 このような悲惨な終末を迎えることになりたくはないですよね!

 

最後に、高齢者にとって、タンパク質は何より重要で貴重な栄養素。

糖質制限ダイエットのやりすぎで、不足する糖を補うためにタンパク質を消費することは、絶対に避けるべきです。

 

 高齢者は消化吸収能力が落ちているため、男子高校生より体重1kgにつき必要なタンパク質は多く取る必要があります。

そうでないと、体が維持できないのです。

そんな高齢者が質制限ダイエットをすれば、内蔵組織の原料となるタンパク質が不足し、体はどんどん老化していくというのです。

 

寝たきりゼロの新事実

寝たきりゼロ

寝たきりゼロの新事実が新潟県・粟島にありました。(みんなの家庭の医学)

この日本海に浮かぶ自然豊かな島に高齢者が若返る秘訣があったんです。

 

新潟県・粟島とは

新潟県・粟島とは

出典:imagic.qee.jp

新潟県・粟島は、日本海に浮かぶ島で、東京の千代田区位の広さに人口は360人。

主な産業は、漁業や農業、そして釣り客相手の民宿経営などです。そして、島民の約半数が65歳以上(高齢化率44.5%)ですが、島民全員が元気に働く寝たきりはゼロの島なのです。

今、妻や夫の世話無くしては暮らせない「老老介護」が増加中で、75歳以上の同居者の4組に1組が老老介護を行っています。いつまでも夫婦2人で健康でいたい・・・と願う多くの夫婦にとって、この粟島の事例は非常に参考になります。

介護知らずの島ですから・・・。

 

粟島の寝たきりゼロの秘密

高齢者が若返る秘訣

出典:u17.shingaku.mynavi.jp

粟島の平地面積は約10%で自然がそのまま残されたままの島で、高齢になっても山に分け入り山菜を採るのが島では当たり前。

道路脇の急斜面の畑での農作業。漁港には元気な漁師さんたちが生涯現役で働いています。

88歳の高齢者が重たい肥料袋を軽々と持ち上げるなど、高齢者のワンダーランドとも言える島です。

 

運動器疾患のエキスパートである石橋英明先生(伊奈病院整形外科部長)に粟島の高齢者をVTRで観ていただいたら、次のような言葉が返ってきました。

「スゴイですね!高齢者とは思えない足の運びで足全体の筋肉がしっかりしている。特に注目したいのは腸腰筋」

つまり、粟島の寝たきりゼロの秘密ー高齢者の若返りの秘訣腸腰筋ではないかということです。

 

腸腰筋とは

腸腰筋とは

出典:rise0408.com

腸腰筋とは、腰椎や骨盤と大腿骨をつなぐ筋肉の総称で大腰筋と腸骨筋の2つからなります。腸腰筋は主に太ももを挙げる時に使われる筋肉で、歩く時足を前に振り出す働きをします。

腸腰筋は加齢により最も衰えやすい筋肉のひとつで、70代になると20代の6割程度にまでやせ細るのです。その結果、足を高く上げることができなくなり、特有のすり足歩きになると考えられています。

 

当たり前の暮らしが若さの秘訣!

当たり前の暮らし

出典:kitoka.com

「みんなの家庭の医学」では腸腰筋の若さを調べるために、8人4組の夫婦、平均年令76歳の歩行スピードテストをしました。

その結果、総じて実年齢かそれ以上に若い好タイムをマークしました。

その中でも、渡辺義雄さん(80歳)は、なんと40歳以上も若いという結果になりました。71際の妻すみ子さんも、20歳以上も若い結果となりました。

 

そこで番組では、老老介護知らず夫婦、渡辺さんご夫婦に密着取材しました。
腸腰筋の若さの秘訣の取材結果をまとめると、
①生活の中での階段の上り下り
②夫婦の仕事の中の働き
という2つのポイントが明らかになりました。

 

渡辺さんご夫婦は民宿を経営しておられて、71歳の妻すみ子さんは、民宿の階段、畑の急斜面での仕事。80歳の義雄さんは、揺れる船上でバランスをとるため、常に下半身を動かし続けることで腸腰筋をが鍛えられているという事実がわっかったのです。

 

粟島の夫婦にとって当たり前の暮らしが腸腰筋の若さを保つ秘訣だったのです。

 

高齢者が寝たきりにならない最適な方法

 若い

私は、糖質制限ダイエットというのは、糖質を摂りすぎて肥満や様々な病気の原因を引き起こしているので、その糖質を正常な状態にして、その分ダイエットする。

つまり、糖質を摂りすぎている分だけ、ご飯やパンを減らすと考えた方がいいのではないかと思います。

そして、高齢になったら、腸の吸収が悪くなるので、肉も積極的に食べるようにするのが若さと長寿の秘訣ではないかと思います。

さらに腸腰筋を鍛えるようにしたらもういうことなしです。

<石橋英明の1分でできる腸腰筋若返りストレッチ>

高齢者の腸腰筋若返り方法

出典:alinamin.jp

腸腰筋は足を振り上げる筋肉で、弱くなると転びやすくなります。

寝たきりになる原因の1割が転んで骨折することです。

腸腰筋は弱くなりやすく、平らな所を歩く時、あまり使われないのです。

 

硬くなった腸腰筋を柔らかくし、転倒による寝たきりのリスクを下げます。

高齢者が若返るストレッチです。
①椅子を横に置き手をかける。
②大きめに1歩足を出す。
③お腹を引っ込める。
④上半身を真っ直ぐにする。
⑤この状態で前足の膝をゆっくり曲げる。
⑥左右10秒づつ3回、合計1分行う。

でも、もっと最適な方法がありました。

おからパウダーダイエットです。

これなら、糖質制限もできて、腸腰筋を鍛えなくも筋肉増に繋がりますから、寝たきりになる心配もありません。

炒り大豆

運動なしでも筋肉増?ダイエットに最適おからパウダー!

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ