1. TOP
  2. 食事情報
  3. 高齢者糖尿病(糖質制限)ダイエットで「寝たきり」続出とは?

高齢者糖尿病(糖質制限)ダイエットで「寝たきり」続出とは?

 2018/05/17 食事情報 この記事は約 6 分で読めます。 8,721 Views

高齢者の糖尿病ダイエットは要注意です!

と言うのは、”糖質制限で『寝たきり』が続出中!”という記事が、週間現代に掲載されていたからです。

週刊現代 糖質制限

高齢者糖尿病ダイエットし過ぎると筋力が低下するというのです。

また、骨粗しょう症を引き起こすから、寝たきりになりやすいというのです。

高齢者の糖尿病(糖質制限)ダイエットに警鐘

高齢者の糖質制限ダイエットに警鐘

出典:news.mynavi.jp

週間現代によると、糖尿病やダイエットに「即効性がある」とブームが続く糖質制限。

だが今、その安全性に警鐘が鳴らされ始めたと・・・・。

 

 事例として、糖質制限をして、体重を85kgから76kgまで落とすことに成功した70歳の男性

1年半後、筋力が落ち、骨粗鬆になったというのです。

このまま長期入院すると寝たきりになるということで、自宅療養に切り替えたが、いまだに足腰の筋力が戻らず、歩くことができないままだというのです。

 

血糖値を下げるのに糖質制限は大きな力を発揮しますが、あまり極端なダイエットは控えた方が良さそうです。

今、このような高齢者の糖尿病(糖質制限)ダイエットによるトラブルが、あちこちで起き始めているようです

 

なぜ危険か?

危険

この糖質制限ダイエットの危険性についての解説については、私もなるほどと思ってしまいました。

糖尿病の世界的権威で。関西電力病院長の清野豊医師の見解です。

 人間には1日170gの糖が必要とされています。

 そのうちの120~130gは脳で消費され、30gは全身に酸素などを運ぶ赤血球のエネルギー源として消費されます。糖質は、生命をいじするために欠かせない栄養素なのです。

  糖質を制限してしまうと、代わりにタンパク質を構成しているアミノ酸を、肝臓が糖に作り変えるというシステムが働き始めます(糖新生)。タンパク質を糖に変えられるなら、肉を食べれば問題ないのではないかと思う方もいるでしょう。

  しかし、人体の維持に必要なエネルギーをタンパク質や脂質でまかなおうと思ったら、毎日大量の肉を食べなければなりません。数kgもの肉を毎日食べ続けることは現実的に不可能です。糖エネルギーが不足すると、それを補うために、体は自分の筋肉を分解してアミノ酸に変えていきます。結果、筋肉量がドンドン減っていってしまうのです。

考えてみたら、糖質を控えた分だけ余計に肉を食べるというのは難しいところがありますよね!

特に高齢者の場合は、栄養の吸収力も衰えるらなおさらです。

 

高齢者が糖質制限ダイエットに安易に手をだすと・・・

 骨粗しょう症

65歳以上の高齢者が糖尿病にいいからと、安易に糖質制限ダイエットをすると、寝たきりになる可能性が高いです。

 「実際、私の病院でも質制限ダイエットで筋力が低下したと来院する高齢患者が増えています。」(前出・清野豊医師)

 

糖質制限ダイエットが引き起こす問題は、筋肉量の低下だけにとどまりません。

実は骨にも甚大な影響を及ぼすのです。

特に骨粗鬆は女性の高齢者に圧倒的に多く、注意が必要です。

 

糖質制限が骨粗しょう症をなぜ引き起こすのかについては、下記のような論文もありました。

参考にしてください。

 

糖質制限がなぜ骨粗しょう症を引き起こすのか?

bsPAK85_virssearch20140531

オーストラリアのビルスボロー博士らが2003年に報告した「糖質制限食、短期、長期での健康被害について」という研究の結論は、「糖質制限は、骨粗しょう症ならびに不整脈、心筋機能の低下、突然死、腎臓機能の低下、がんの増加について懸念される」としています。

 

さらに糖質制限が骨粗しょう症を引き起こすメカニズムについて解説しているのが、フリゴレット博士らの「糖質制限・愛するのか憎むのか」という論文です。

糖質制限食では、相対的にタンパク質の摂取量が増加します。しかし1日のタンパク質摂取量が5g以上になると、タンパク質にカルシウムが結合し、腎臓からのカルシウム排泄量が増加します。またタンパク質の摂取量が増えると、硫酸とリン酸が増えるので、尿の酸化が進み、尿のカルシウム排泄量が増加し、骨からのカルシウムの放出量が促されるのです。

これらのことからフリゴレット博士は、「糖質制限食で高タンパク質食の場合、やがて骨粗しょう症となり、かつ腎臓疾患が増えることが想定される」と結んでいます。

 

 高齢者が寝たきりになってしまうと・・・・

寝たきりと認知症

出典:ninchisyo-information.link

清野豊医師とフリゴレット博士らの論文の整合性がよく理解できませんが、筋力が低下したり、骨粗鬆になってしまった高齢者は、ほんのちょっとの病気や怪我で入院すると、あっという間に寝たきりになってしまいます。(愛し野内科クリニック院長 岡本卓医師)

 

寝たきりになったら、思うようにならない毎日に絶望し、もう誰とも話したくと思い始めます。

そこまできたら、認知症までまっしぐら。

やがて判断能力がなくなり、、家族の顔も忘れ、孤独のうちに一生を終えることになります・・・。

 

 このような悲惨な終末を迎えることになりたくはないですよね!

 

最後に、高齢者にとって、タンパク質は何より重要で貴重な栄養素。

質制限ダイエットのやりすぎで、不足する糖を補うためにタンパク質を消費することは、絶対に避けるべきです。

 

 高齢者は消化吸収能力が落ちているため、男子高校生より体重1kgにつき必要なタンパク質は多く取る必要があります。

そうでないと、体が維持できないのです。

そんな高齢者が質制限ダイエットをすれば、内蔵組織の原料となるタンパク質が不足し、体はどんどん老化していくというのです。

 

あなたはどう思われますか?

 若い

私は、糖質制限ダイエットというのは、糖質を摂りすぎて肥満や様々な病気の原因を引き起こしているので、その糖質を正常な状態にして、その分ダイエットする。

つまり、糖質を摂りすぎている分だけ、ご飯やパンを減らすと考えた方がいいのではないかと思います。

そして、高齢になったら、腸の吸収が悪くなるので、肉も積極的に食べるようにするのが若さと長寿の秘訣ではないかと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦お役立ちの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦お役立ちの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 汗かきダイエット術で40kgも減量し大変身!

  • あいうべー体操で口呼吸が鼻呼吸に!その効果は?

  • 血圧・血糖値をよく下げるベスト食品とは?

  • 40代究極の若返り方法~アーシング&薬草(神草)

関連記事

  • やせるおかず「作りおきレシピ」(糖質カット重視)でいつのまにか痩せる

  • 冷したおにぎり・ご飯でレジスタントスターチ!パン食は?

  • mec食(肉、卵、チーズ)で癌、ウソ?ほんと?

  • ゆるい糖質制限で、心臓病って本当?

  • 糖質制限でうつ病?何故?セロトニンは?

  • 夏井睦医師対森田豊医師「炭水化物ゼロで長寿!?」