食欲がなくあまり食べてないのに太ってしまった!

夏太りしやすいのは糖質だけではない

出典:lifedesign-works.com

夏太りしやすいのは、糖質の摂り過ぎだけではありません。

夏に起こるある原因があったのです。

何だと思いますか?

それは、「基礎代謝の低下」「自律神経の乱れ」です。

 

これについては、「世界一受けたい授業」のなかで、自らも-25kgの減量に成功した新見正則先生(55)が、詳しく解説していました。

出典;www.teikyo-hospital.jp

職位;准教授

臨床分野:血管外科、移植外科、一般・消化器外科、セカンドオピニオン
研究分野:移植免疫学、 腫瘍免疫学

 

夏は基礎代謝は下がる

「無理なく長く続くダイエット」こそ成功できる!

ダイエット成功の鍵は”無理なく長く続く”だった!

そもそも夏になぜ太るのかといいますと、新見正則先生よると夏は基礎代謝が下がることが問題だというのです。

 

基礎代謝とは、体内で燃えるエネルギーのことです。

冬は体内で熱を作り出すため基礎代謝が上がります。

ところが、夏は熱を作り出すエネルギーはあまり必要としないので、基礎代謝は下がってしまうのです。

 

私は、夏は汗をかくので、基礎代謝は冬より上がると思っていたのですが・・・。
逆だったのです。

 

それで、夏冬と同じ食事量だと太ってしまうのです。

加えて、夏は冷たい物を食べ過ぎてしまいがちです。

内蔵も冷えてしまい、基礎代謝はさらに落ちて、太りやすい体になってしまうのです。 

 

自律神経が乱れやすい

夏は暑さやクーラーの影響で自律神経も乱れがちです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、交感神経は、緊張やストレスを感じている時に働きます。

一方、副交感神経はリラックスしている時に働きます。

 

そして、交感神経だけが頑張りすぎるのも、副交感神経だけが頑張りすぎるのも良くないです。

ちょうど交感神経と副交感神経が半々でバランス」が取れているのが一番よいのです。

 

交感神経が過剰に優位になると、血管が収縮し血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、手足の冷えや下半身の冷えの原因になり、さらにひどくなると内蔵冷えになる可能性があります。

 

内蔵冷えると、基礎代謝が悪くなり、体重が増加するのです。