ガンは人類進化の過程で増殖し易くなった(NHK)!

「ヒトは、他の動物に比べ“ガン細胞”が増殖しやすい条件を、進化の過程で幾つも抱え込んでいたのである。」

上は、実はNHKの番組で放映されたものです。

 

“ガン”は日本人の2人に1人が患い、3人に1人が死の原因となっている深刻な病気です。

いつ自分の身にふりかかってもおかしくない病気です。

私たちは“ガン”を進化の過程から考えることで、どう“ガン”に向き合い、闘っていけばよいのか参考になります。それで、進化の過程でがんになりやすい生活を変えていけば、ガンというのはそんなに恐い病気ではないのではないかと思います。

ガンの起源は多細胞生物が生まれた時

出典;www.s.u-tokyo.ac.jp

 

“ガン”はかなり古くからある病気です。

その起源は5億5千年前です。多細胞生物がこの地球に生まれた時、埋め込まれたのです。

つまり多細胞生物であるが故に、細胞のコピーミスが発生し、その細胞から“がん”が発生するのです。

ただヒトと遺伝子が99%のチンパンジーと比べたところ、“ガン”の発生率はヒト30%に対し、チンパンジーは2%に過ぎなかったとのことです。