歯周病の衝撃的事実とは?

歯周病になると歯が抜け落ちてしまい、これだけでも命を縮めてしまいます。

 

ところが、もっと衝撃な事実があったのです。

それは、歯周病や虫歯の悪玉菌が血液の中に入り込むと、全身疾患の原因となることがわかったのです。

歯周病

歯周病菌や虫歯菌で心筋梗塞?でも、〇〇すると|たけしの家庭の医学

歯周病の衝撃的事実!

出典:新潟駅前歯科クリニック

出典:新潟駅前歯科クリニック

歯周病や虫歯は単に口の病気ではありません。

その悪玉菌が血液の中に入り込むと恐ろしいことになってしまいます。

全身疾患の原因になっていたのです。

歯周病菌や虫歯菌が血液に乗り全身を巡って、心筋梗塞や脳梗塞、肝炎、気管支炎・肺炎、糖尿病等を引き起こしているという、衝撃的事実がわかったのです。

 

「たけしの家庭の医学」事例より

search

「たけしの家庭の医学」のテレビ番組に登場した勝田信子さん(56歳)は、健康でこれといって悪いところはありませんでした。

ところが、健康診断でLDLコレステロールが160mg/dl(基準値140)という異常値が見つかってから、次第に胸のむかつき、締め付けられるような痛み、全身のだるさ、息切れと症状が悪化していき、最後に胸の激しい痛みに襲われ、そのまま意識を失ってしまいました。

心筋梗塞で病院に運ばれたのです。

心筋梗塞は、心臓に酸素を送る血管が詰まり、心臓の筋肉が壊死する病ですが、なんと心筋梗塞を引き起こした真犯人は血管の中の歯周病の原因菌だったのです。

出典;medicalnote.jp

鈴木淳一先生(東京大学医学部附属病院)によると、血管の中に侵入した歯周病菌は体中を巡り心臓へ流れ着き、血管の壁に張り付いて、血管の壁が炎症起こすので、動脈硬化の原因になるとのことです。

歯周病菌が原因の病気は、心筋梗塞だけではありません。

歯周病が原因となる動脈硬化は全身の血管で起こる可能性があります。

歯周病と心筋梗塞・脳梗塞

出典:www.ootemachi.biz

それで脳で動脈硬化が起こると、それが脳梗塞を引き起こします。

歯周病の人は上のグラフによると、脳梗塞のリスクは2.8倍、狭心症・心筋梗塞のリスクは3.6倍となっています。

 

肝臓の炎症も

肝臓の炎症

出典:e-chiken.com

アルコールを全く飲まず、肝炎ウィルスにも感染していないのに、肝炎を発症する人が数多く存在することが明らかになってきました。

実は、歯周病にかかっていると肝臓の炎症を発症するという事実もわかってきたのです。

 

横岡玲さん(43歳)は、生活習慣の乱れから脂肪肝になりました。

そして、それを放置し続けた結果、肝炎になってしまいました。

歯周病菌が肝臓に到着すると、肝臓は刺激物質を出して歯周病菌を退治します。

健康な肝臓は刺激物質の影響を受けませんが、脂肪肝の場合、刺激物質が過剰に反応し、細胞が炎症を起こすのです。

そして、長い年月をかけて脂肪肝が肝炎へと進行していくのです。

 

横岡玲さんもその1人で、脂肪肝になり何度も注意を促されましたが、そのことを軽視したため、肝炎を発症してしまったのです。

そして様態が悪化し、中島淳先生にかかって初めて、肝炎の原因が歯周病菌だということがわかったのです。

中島淳先生(横浜市立大学大学院 医学研究科 主任教授)は、肝炎研究の先進国・アメリカのハーバード大学で最先端の治療法を学び、これまで700人以上に及ぶ肝炎患者の治療にあたってきた肝炎研究のエキスパートです。(みんなの家庭の医学より)

肝臓の脂肪肝を減らすには急激に痩せたらいけない!

 

糖尿病も

出典:まるめデンタルクリニック

出典:まるめデンタルクリニック

今注目されているのが歯周病と糖尿病との関係です。

歯周病菌が体の中に入ると、インスリンが働く作用を妨害するのです。

それで糖尿病になる場合もあるのです。

 

糖尿病の患者さんは歯周病を治療することが常識になってきているほど関係が深いのです。

どちらが先かはわかりませんが、歯周病と糖尿病は互いを悪化させる負のスパイラルの関係にあるのです。