何となくだるい・疲れるのは単なるスタミナ不足ではない!

Contents

目が疲れるのも自律神経が原因

face-535767_640

眼が疲れやすいのも眼そのものではありません。

自律神経の中枢の疲れから生じるのです。

 

仕事のときは自律神経は交感神経モード(戦闘モード)になります。

このとき、眼はライオンが獲物を狙うときのように、遠くを見るようになっているのです。

しかし、デスクワークではパソコンや書類など近くを見ます。

 

脳は交感神経優位で働いているのに、眼に対しては副交感神経(リラックスモード)が働いているのです。

この矛盾が脳に強い負担となっているのです。

つまり、脳の疲れが原因で、眼が疲れるのです。

 

長時間のデスクワークや運動を続でも

出典:日本予防医薬

出典:日本予防医薬

例えば、長時間のデスクワークや運動を続けると、自律神経は過剰に働き、大量の酸素を消費します。

この過程で発生する活性酸素が自律神経中枢にダメージを与え、結果として自律神経失調症のような症状を引き起こします。

 

すると、自律神経はバランスを崩し、脳の働きが低下します。

疲れに伴うめまいや耳鳴り、頭痛、肩こりなどの症状は、まさに自律神経失調症なのです。

では、どうすれば自律神経のバランスを保ち、脳の疲れを和らげることができるのでしょうか?