癒やし効果を与え冬の感染症対策にもなる!

あなたは癒やし効果といえばどんなものをイメージしますか?

音楽ですか?猫や犬などのペットですか?それともぬいぐるみですか?アロマですか?

 

でも今日、紹介するのはそんなありふれたものではありません。

癒やし効果を与え、冬の感染症対策にもなるものです。

つい最近のブログ記事にも書きましたが、今年の冬はコロナウィルスと季節性インフルエンザが同時流行しそうです。

今年の冬はコロナとインフルエンザが同時流行の可能性!

感染症対策として加湿が注目

出典;asaichi

コロナウィルス対策の最新研究でも今「加湿」が注目されています。

そのことがNHKあさイチでも放映されました。

 

いま加湿器が注目されているのは、飛沫の飛散抑制効果です。

湿度が高いほど効果があります。

理化学研究所などのチームがスパコン富岳を使って計算した結果、咳をした場合、湿度30%に対し、90%と高い湿度では空気中を漂う飛沫は少なくなり、飛散を抑制する一定の効果があるという結果が示されています。

 

加湿器の利点と問題点

密閉した空調の効いた部屋は乾燥しやすいです。

だから、加湿器は備えて置きたいです。

湿度計を実際部屋に置いて測って見るとよくわかります。密閉した空調の効いた部屋は思った以上に乾燥しています。だから、新型コロナウィルスやインフルエンザ対策には加湿器は欠かせません。

 

でも、加湿器はいろいろと問題点もあります。

加湿器を使う場合、十分注意を払ってください

スチーム式に多いのがやけどの事故です。特に幼児には注意してください。またスチーム式でなくても、加湿器が原因の肺炎や体調異変が出ています。カビや雑菌が主な原因です。私も超音波式を使っていますが、カビや雑菌が繁殖しやすいです。飲み水と同様に、こまめな掃除が必要です。

 

お口の「あいうべー」体操

あいうべ体操のやり方

”あいうべー”で口呼吸から鼻呼吸に変えるだけで驚くべき健康効果!

口を開けっ放しで寝ていると、口の中が乾燥してしまい、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

コロナウィルスにもかかりやすくなります。

だから、口呼吸はダメで、鼻呼吸がいいのです、

それには「あいうべー」体操です。

「あいうべー」体操が効果的だということは、いろんな所で確かめられています。