私の体験からじんましん撃退には砂浴が一番!

じんましん

蕁麻疹(じんましん)って、何が嫌かというと、やはり”かゆい!”ってことですよね。

突然、かゆみが襲ってきて、あちこち掻きむしってしまうので、皮膚ももうボロボロになってしまいます。

 

そんなじんましんの撃退法はいろいろあると思いますが、私の体験から言うと砂浴が一番です。

蕁麻疹の撃退には砂浴が一番(私の体験より)

痒み

じんましんを撃退するためには、原因となるものを体内に取り込まないことです。

あるいは接触しないということを、徹底して行う必要があります。

 

それが難しい場合や、原因となるものが特定できない場合は、一般的には薬物治療(抗ヒスタミン剤)を行います。

しかし、副作用があることから、現在では漢方薬が使われることも増えてきました。

 

私の体験より

私はじんましんが出た記憶ほとんどないのですが、一度だけありました。

それは北海道で同窓会があった時でした。

北海道から鹿児島へ帰ってきたら、なぜか太ももからふくらはぎにかけて、じんましんが出てきたのです。

 

この時、私は偶然にも海岸でアーシングを始めたばかりでした。

それで咄嗟に判断して、海岸に行って脚の部分だけ砂の中に埋めてみました。

20分ほどでしたが、痒みが和らぎました。

これを4日ほど続けたら、完全に蕁麻疹は引っ込みました。

 

また、原因不明の痒みも砂浴で消えてしまいました。

毎年季節が変わるたびに足首あたりが痒くなり、そこから上の方に拡がっていく痒みでした。

薬で簡単に良くなるのですが、定期的に出てくるので、1回病院に行くのを我慢して砂浴を続けたら、この痒みがピタッと出なくなったのです。

 

いま考えると、少なくとも2時間以上はした方がいいように思います。

そうすれば、1回だけでも毒出し(デットックス)ができたかも知れません。

蕁麻疹ではないですが、古代の民間療法で「フグ中毒は首から下を砂に埋める」とういうのがあるそうです。

体も心もクリーンにするデトックス効果で病気知らず!

 

もしじんましんが出て砂浴ができない時は?

もしじんましんが出て砂浴ができないときは、次の4つのことを試してみてください。

①患部を冷やす
患部を氷やシャワーなどで冷やすとかゆみが取れて、ラクになることが多いです。但し、寒冷蕁麻疹の場合は逆効果です。

②お酒を止める
お酒を飲むと、痒みが強くなります。また、コーヒーや紅茶などの刺激物も控えた方がいいです。

③体をしっかり休める
ストレスが原因でじんましんが出る場合がよくあります。そういう時は、カラダをしっかり休めましょう!

④寒冷蕁麻疹の場合は幹部をゆっくり温める

 

実に原因がさまざまな蕁麻疹!

じんましんの原因物質

出典:e-carada

いかがでしたか?
動画をみているだけでもう痒くなってしまいますね!

そんな蕁麻疹!
原因
実にさまざまです。

 

食べ物やダニやカビ、暑さ寒さの気温差や、暑い寒いの温度差、ストレス、薬剤など、いろいろな原因が考えられます。

 

なかでも、いちばん多いと思われる原因がが食べ物です。

アレルギー反応が起こりやすい体質の人が、卵や青魚を食べるとじんましんが出ることがよくあります。

 

暑い夏にも寒冷蕁麻疹?

寒冷蕁麻疹

出典:life-hacking.net

寒冷蕁麻疹とは、冷たい刺激を受けて発症するアレルギー反応のことです。

寒冷蕁麻疹を発症する人は、異常なたんぱく質を持っています。

それで冷たい刺激を受けると、異常なたんぱく質同士が固まってしまいます。

そうすると、固まった異常なたんぱく質は身体が排除しますが、同時にヒスタミンを放出するため、痒みが現れ、皮膚を明く膨れ上がらせると考えられています。

 

暑い夏は、多くの人が屋外からエアコンの効いた部屋に入ったり、冷たいものをよく口にしますので、寒い冬だけでなく、暑い夏でも寒冷蕁麻疹が起こりやすいので注意が必要です。

 

また、血液系の悪性腫瘍や多発性骨髄腫の病気は、異常なたんぱく質が血液中に作られてしまうので、寒冷蕁麻疹がキッカケとなって、大きな病が見つかることもあります。

「その原因Xにあり」のテレビ番組でも放映されました。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ