幸せホルモン-セロトニンをいっぱい出して不安を払拭しよう!

いつも笑顔でキラキラしていたい!

そんな生活が送れたらどんなにいいかと思ったことありませんか?

そんな時、役に立つのが幸せホルモン-セロトニンです。

国民のほとんどが新型コロナウィルスで不安や恐怖に駆られている今、幸せホルモン-セロトニンはなくてはならないホルモンです。不安を払拭する方法として是非とも活用して頂きたいホルモンです。

 

NHKあさイチでも不安を払拭する方法としてセロトニンが取り上げられました。

出典;asaichi

セロトニンという幸せホルモンとは?

幸せ

幸せホルモン-セロトニン

気分が落ち込んだ時などに、心に安らぎをもたらしてくれるのが
幸せホルモンと呼ばれているセロトニンです。

 

坂元薫先生によると、セロトニンなどの神経伝達物質が感情などの情報を伝えているのだそうです。

坂元 薫(さかもと かおる)

東京女子医科大学 東京女子医科大学病院神経精神科 教授

出典;carenetv.carenet.com

1956年東京生まれ。1982年東京医科歯科大学医学部卒業後、東京女子医科大学神経精神科にて研修。1984 年同助手。1985~87年旧西ドイツ政府給費留学生としてボン大学精神科留学。1993年東京女子医科大学神経精神科講師、2003年同助教授。2007年現職。 気分障害の臨床研究に従事。日本精神神経学会評議員。日本精神科診断学会評議員。日本総合病院精神医学会評議員。日本うつ病学会評議員。NPO法人日本うつ気分障害協会(MDAJAPAN)理事。気分障害、不安障害の臨床研究、臨床精神薬理の専門領域に
おいて我が国を先導する医師のひとり。

 

ストレスはセロトニンの天敵

ストレス解消

出典:yasekore-diet.jp

ストレスはセロトニンの天敵です。

なぜなら、過度のストレスがかかるとコルチゾールというホルモンが増え、セロトニンの分泌は抑えられてしまうからです。

 

疲れやストレスなどでセロトニンなどの量が抑えれれてしまうと、情報がうまく伝わらなくなってしまいます。

そのため、食べ過ぎてブクブクと太ってしまったり、睡眠不足になったりします。その状況にさらにストレスがたまると、さらにセロトニンの分泌が抑えられて、うつ状態になってしまいます。

 

うつ状態はセロトニン不足が原因

うつ病

うつ病や気分が落ち込んだりするのはセロトニン不足が原因です。

それで、セロトニンを増やすことができれば、うつ病の薬にもなり、幸せな気分にもなれるというワケです。

 

女優の高木美保さんは、うつ病であったことを、「世界一受けたい授業」で告白しました。

一度うつの症状が起きると、「またこの発作が起こるのではないか」と不安になっていったそうです。そして、それがどんどん自分の中に積み重なって、日常のすべてに不安を感じるようになってしまったといいます。

最もヒドイときは、朝起きた瞬間から”きょう死んじゃおう”と思ったそうです。

 

幸せホルモンーセロトニンの出し方は超カンタン

ダイヤモンド富士

幸せホルモンーセロトニンの出し方は実にカンタンです!

朝、朝日を浴びるようにするだけでいいです。

そして、今を生きるようにすれば幸せを実感できるようになります。

 

また、トリプトファンを多く含む食品を摂ったり、有酸素運動をすることも大切です。

うつ予防にもなるから誰でも幸せを実感できるのです。

 

朝日を浴びるとセロトニンの分泌が活発になる

天然の幻覚剤松果体活性化には太陽凝視が一番!

朝、太陽光を浴びると、脳幹にあるセロトニン神経が活性化し、幸せホルモン-セロトニンの分泌が活発になります。

出典:東京海上日動あんしん生命

出典:東京海上日動あんしん生命

それに朝日は、体内時計をリセットし生活のリズムを整えてくれる働きがあります。

それで、心身の健康にとても良いのです。

 

メラトニンの効果

メラトニン

出典:www.tainaidokei.jp

また幸せホルモン-セロトニンは、夜になると他の物質と化学反応を起し、メラトニンというホルモンに変わります。

 

メラトニンは、睡眠を促し、脳と体を休ませるのです。

 

さらに最近の研究では、体内メラトニンがふえると、がん細胞を攻撃する免疫のひとつNK細胞の数がふえたり、体外から進入したウィルスを殺傷する「食細胞」(これも免疫のひとつ)の働きが強まったという報告もあるほどです。

 

このように朝日を浴びることは、うつの防止になるだけではないのです。

健康や美容にもすばらしい効果を発揮するのです。

 

魚、納豆、チーズを食べる

青魚

青魚に含まれる不飽和脂肪酸・EPA・DHAは、幸せホルモン-セロトニンを活性化すると言われています。

フィンランドの研究では、青魚を食べる人は、うつ病・自殺の危険性が少ないという結果が報告されているそうです。

また、豆腐や納豆などの大豆瀬品、牛乳やチーズなどの乳製品にはセロトニンの材料となる必須アミノ酸のひとつ「トリプトファン」をたくさん含んでいます。

 

有酸素運動でリズム運動をする

ウォーキング

ウォーキングなどの有酸素運動をすると、幸せホルモン-セロトニンの分泌を促進すると言われています。

 

とくに朝日を浴びながらのリズム運動は、最も効果的なセロトニン活性運動といえます。

アメリカの研究では、有酸素運動をする人は、うつ病の発症率が少なかったという結果がでています。

 

私がお勧めしたいのはアーシング

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

詳しいことは下の「アーシング」という本を読んでください。

結論だけ言うと、アーシングをするとコルチゾール値が下がって、幸せホルモン-セロトニン値が安定するのを促すのです。

だから、ぐっすり眠れるようになって幸せを実感できるようになるのです。

うつ状態だって改善してしまいます。

血液サラサラ

アーシング

残念なことにほとんどの日本人ーお医者さんも含めて、この事実を知らないか、忘れてしまっているのです。

この事実は、アメリカのお医者さんによって明らかにされています。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ