痩せるホルモンが増えるサバ水煮缶の秘密はその製造方法にあった!

手軽に料理に使えるサバ水煮缶

実は痩せるホルモンが増えることがわかっているんです。

その他うまく利用すれば、悪玉コレステロールを下げげることができるし(ジョブチューン報道)骨粗しょう症だって効果的に働きます(NHKあさイチ報道)。

その秘密は、サバ水煮缶の製造方法にあります。

サバ水煮缶で痩せるホルモンが増える

食物繊維・サバ水煮缶を食べると、痩せるホルモン(GLP-1)が増えます。

そして、血糖値の上昇を抑えることもできます。

それは「EPA」(サバ水煮缶)と「食物繊維」が小腸を刺激するのに一番いい栄養素だからです。小腸を刺激すると、痩せるホルモン(GLP-1)が増えるのです。

 

でもただサバ水煮缶を食べただけでは、人によっては太る可能性もあります。

それはサバ缶はカロリーが高いからです。サバの水煮1缶で300~500Kcal)

 

下の日本経済新聞に載っていたデータによると、「EPA+ウォーキング」を実践した人は、「プラセボ(偽薬)+ウォーキング」に比べて体脂肪の減少幅が大きく、筋肉などの増加幅も大きかったという結果になっています。

出典:日本経済新聞

出典:日本経済新聞

つまり、EPAをダントツに含むサバ水煮缶を食べてウォーキングすれば、痩せる効果が高いということがデータ的にも裏づけられているということです。

痩せるホルモン「GLP-1」とは?

痩せるホルモン

出典:30歳から美しく生きるヒント

GLP-1とは、小腸や大腸の粘膜から分泌されるインスリン活性物質のことです。

すい臓のベータ細胞を活性化して、インスリンの分泌を促進する働きがあるのです。

 

山田裕一郎教授(秋田大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝・老年内科学)監修の記事には次のように書いてあります。

食事をとると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促進する働きを持つホルモンをインクレチンといい、GIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド)とGLP-1(グルカゴン様ペプチドー1)があります。2型糖尿病に対する新たな治療薬として注目されるのがGLP-1です。

GLP-1は、食事をとって血糖値が上がると、小腸にあるL細胞から分泌され、膵臓のβ細胞表面にあるGLP-1の鍵穴(受容体)にくっつき、β細胞内からインスリンを分泌させます。GLP-1は、血糖値が高い場合のみインスリンを分泌させる特徴があります。

インスリンというとすい臓のベータ細胞から分泌されますが、小腸や大腸にも同様の働きがあることがわかったのです。

このGLP-1は、食欲を抑える作用があるので、「みんなの家庭の医学」では、痩せるホルモンとして紹介されたものです。

 

太らない人は痩せるホルモンの量が多い

 

「みんなの家庭の医学」では、太っている人2名と痩せて人2名の食事前と食事後の痩せるホルモン(GLP-1)の量を調べました。

 

太っている人のGLP-1の量は50%未満でした。

それに対して、痩せている人のGLP-1は大幅に増えていました。

1人は400%を超えていたのです。

 

つまりこのGLP-1の分泌量の多い人は、特にダイエットをしなくても太らないということが証明されたのです。