筋トレ(マイオカインの効能)で血糖値もガンも予防できる!

筋トレで血糖値もガンも予防できます。

それは筋トレをすることによって、マイオカイン(ミオカイン)というサイトカインが分泌されるからです。

実は最新の研究で、マイオカインの驚くべき働きと効果がわかってきました。

マイオカインの分泌がうまくできないと、太っていなくても血糖値は上がるのです。筋肉は動かせば動かすほど、マイオカインが分泌され、全身の慢性炎症も改善され、ガンを予防することもできるのです。

マイオカインとは

マイオカイン

出典:首都大学東京

マイオカインとは、筋肉の中にある物質の総称のことです。

myoが「筋」という意味で、kineが「作動物質」という意味です。

 

運動がもたらす多様な効果は知られていましたが、そのメカニズムは、ほぼ未解明でした。

こうした中、マイオカインのAMPキナーゼに「血糖値を下げる役割」があることを世界に先駆けて証明したのが藤井宣晴教授(首都大学東京)です。

出典;www.lifehacker.jp

◆専門研究分野;分子生物学

◆最終学歴・学位;筑波大学博士課程体育科学研究科 博士(体育科学)

◆研究テーマ;運動が糖尿病の予防・改善に貢献するメカニズムの探索、筋収縮による細胞内情報伝達の変容解析

◆研究キーワード;骨格筋 筋収縮 糖尿病 AMPキナーゼ インスリン 運動 分子生物学 遺伝子工学

 

インスリン以外の「血糖値を下げる物質」の発見は、実に90年ぶりの大発見でした。

 

マイオカインの主な働き

運動の健康効果

出典:首都大学東京

マイオカインの主な働きをあげると、次のようなものです。

・脂肪を分解する。
・血糖代謝を改善して糖尿病を予防する。
・動脈硬化を予防する。
・血圧を安定させる。

さらには、全身の炎症の改善や認知症、がん、肌の若返りにも効果があるといいます。

藤井教授は、”老化の予防”につながるかも知れないと語っています。

このような夢のような働きをするホルモンが、骨格筋から分泌されていたなんて・・・。