”手首が痛い””指が変形する”等の謎の痛みや病気がなぜ急増している?

”手首が痛い””指が変形する”等の謎の痛みや病気がいま世界に拡がっています。

原因はスマホの使いすぎです。

だから、新現代病と言っていいかも知れません。

スマホでなぜ手首が痛くなるのか?

手首が痛くなるのはスマホによる親指の使い過ぎが原因です。

掴むときの筋肉

出典:www.limitedtime.link

スマートフォンサムと呼ばれるものです。

スマートフォンサムのサムは親指のことを意味します。

でも、腱鞘炎になるのは手首で親指ではありません。

どうしてでしょうか?

 

実は、親指と手首は繋がっているのです。

上の図は、物を掴む(内側に曲げる)時の筋肉のスジの位置を示しています。

ところが、物を掴んで戻す時の筋肉のスジは手首のところにあるんです。

 

だから、スマホを片手にもち親指で操作をしていると、手首にある筋肉のスジに大きな負担がかかるのです。

それで、手首が炎症を引き起こす腱鞘炎になってしまうのです。

手首に大きな負担がかかるのは、構造上の問題です。人間の親指は簡単に曲げることができるのに対し、戻す時は、手首の筋肉のスジが弱々しく、大きな力がいるのです。

 

スマホの持ち方によっては指が変形する

テキストサム損傷

出典:fujitamario.com

指が変形する病気をテキストサム損傷と呼びます。

指が変形するテキストサム損傷については、ドコモがtwitterで喚起を促し、Yahooニュースでも取り上げられたところから一躍有名になりました。

 

やはり親指を使う片手スマホは手首だけでなく、スマホの持ち方によっては、特定の指にも大きな負担を与えるみたいです。

特定の指に大きな負担をかけないように、スマホの持ち方を変えたり、休憩することが必要です。

 

炎症と痛みは治せる

炎症と痛み

出典:gatten/articles

手首を守るコツとして、「ためしてガッテン」では次の4つを取り上げています。

・もんではだめ!

・スマホを使う時は人差し指を使う。

・パソコンを使う時は、キーボードの前にタオルを敷いて操作する。

・痛みがひどい時は整形外科を受診する。

 

私のお勧めはアーシング

アーシング(砂浴)とは?その驚くべき不思議な力

痛みや炎症を抑えるにはアーシング、つまり大地と裸足で触れ合うようにするのが一番です。

寝たきりになった老人の非常に重たい慢性リュウマチでさえ良くなっているのです。

 

特に40~50歳の女性は、女性ホルモンが減少し、炎症を抑える機能も弱くなります。

だから、スマホ等にも影響を受けてしまうのです。

以下に、慢性炎症に関係する疾病の一部を一覧表にまとめておきますので参考にしてください。

疾病健康への影響
アレルギーアレルギー反応に結びつく炎症を警告するヒスタミンを放出する。
アルツハイマー病プラークを起こす脳組織の炎症;脳細胞を殺す慢性炎症。
ALS身体の過剰炎症によって運動ニューロンがダメージを受け、細胞死させる。
貧血炎症の伝達により赤血球生産に危害を及ぼす。
関節炎慢性炎症が関節軟骨を破壊し、関節をスムースに動かす関節液が放散されなくなる。
喘息炎症によって空気の通り道である気管支に支障を起こす。
自閉症自閉症の子供の脳には、炎症が一般的によく見られる。
がん炎症によってフリーラジカルが増え、腫瘍を大きくする。さらには体内の異常細胞を防ぐことができなくなる。
心血管疾患炎症によって血液濃度が異常に濃くなり、動脈の病気を引き起こす。心臓と脳に血液を供給する血管内が詰まったり、プラークや危険な固まりが増加したりすると危険に結びつく。
糖尿病1型は、炎症が免疫システムに影響を及ぼし、膵臓のβ細胞を破壊する。2型は、脂肪細胞が原因で炎症伝達が起き、インスリン分泌が低下する。
繊維筋痛症炎症性の結合組織が体内に高レベルで増える。
一般的な腸障害クローン病、過敏性腸症候群、憩室炎などを含む腸疾患は、炎症と深く関係し、痛みを引き起こすと同時に消化と栄養分吸収を妨げる。消化器官のデリケートな内部に損傷を与える。
腎不全炎症が循環を悪くし、血液をろ過する腎細胞にダメージを与える。
全身性エリテマトーデス炎症による副産物が、自己免疫システムを攻撃する引き金となる。
多発性硬化症炎症による副産物が、神経組織を攻撃する。
一般的な痛み痛みのレセプタが作動する。痛み信号の伝達と過敏になった神経組織は、すべて継続的な炎症と炎症反応によって引き起こされる。
膵炎炎症によって膵臓の細胞に傷を引き起こす。
乾癬および湿疹炎症によって引き起こされる皮膚炎。

 

この記事が役にたちましたら、下記のランキングバナーのクリックをお願いいたします。

まるで火の鳥❤

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ