1. TOP
  2. 近藤誠医師「健康診断が私たちを不幸にする」

近藤誠医師「健康診断が私たちを不幸にする」

 2015/09/17 その他健康情報
この記事は約 4 分で読めます。 1,472 Views
デブ

文芸春秋の「健康診断が私たちを不幸にする」という記事に目が止まりました。

 

記事を書かれたのは、近藤誠医師です。

近藤誠医師は「がんは原則として治療せず放置した方がいい」と最初に告発し、世間の注目を浴びました。

医学会からは批判が殺到し、「危険な宗教」とまで罵倒されました。

でも、現代医学への警鐘を鳴らしたという点では、多大な功績と言っても過言ではないと思います。



健康診断のどこが悪いか?

健康診断

私は今まで、健康診断は健康のために必要不可欠だと信じていたのですが・・・・。

 

ただ、近藤医師も健康診断そのものが悪いと言ってはいないようです。

検診結果を受けて医師があれこれ指示をし、薬を処方すると命を縮めるという事らしいです。

 

フィンランドの比較試験

実際、フィンランドの医療介入を調べる比較試験では、試験開始後15年間の総死亡率は、介入群が放置群を46%も上回ったというのです。

40歳~55歳の元気な男性管理職に検診を実施し、総コレステロール値が270以上、中性脂肪が150以上、上の血圧が160~200、下の血圧が95~115などの検査高値を示した1200人を選出。

次に彼らを2グループに分け、片方は、本人の自由にさせておく「放置群」。

他方は、医者が直接アドボイスする「介入群」。

後者では、医者が食事や運動量などを指示して定期的に診察をし、検査値が改善しなければ降圧剤やコレステロール低下薬などの薬を処方。

 

なぜ、こういう結果になるのでしょうか?

医者の指示に従って食事や運動を行い、定期的な診察結果に基づき、薬を処方してもらった方が長生きしそうですが・・・。

 

薬の副作用が問題

薬の副作用

考えられるのは薬の副作用です。

実際、降圧剤の副作用で脳梗塞になる人が増えています。

薬で血圧を急に下げると、脳に行く血液量が減り、血流がゆるやかになって血がかたまってしまうことがあるのです。

 

コレステロールにも同様の問題があります。

薬で総コレステロール値を180未満に下げると、がん、心筋梗塞などが増え、総死亡率が跳ね上がるのです。

 

加えて日本では、開業医でも大病院でも、患者1人に5種類以上が処方されることがザラで、10種類以上も珍しくありません。

薬を多種類飲んでいると、体調不良になってボケてきたり、フラフラして転倒して寝たきりになりやすいのです。

 

どうしたら健康長寿を実現できるのか?

健康長寿を実現するには、”一にも二にも、自分の体を信頼することだ”と近藤誠医師は言っています。

決して、健康診断ではないのです。

生まれてこのかた、あなたとともにあった肉体は、ふだん意識はできないけれども、脳、抹消神経、心臓、肺、肝臓、骨髄、その他の臓器・組織からなっている、超絶的に精巧な仕組みです。

それらが1分1秒の油断もなく働き、環境、食事、運動、ストレス、心理などに応じて、相互に影響を及ぼし合い、それぞれの働きを調節しています。

将来どんなに科学が発達しようとも、調節機構の完全解明はできないだろうと思えるほどに精妙です。

例えば、歳をとると血圧が高くなるのは、血液を脳に送り届けるために必要だからです。

動脈が硬くなり細くなれば、血圧が高くないと、血液を脳に送り届けることはできません。

 

つまり、体が必要とした結果なのです。

それを無理やり降圧剤などで急激に引き下げると、脳梗塞などの危険が生じるというのは、誰でも容易に推察がつきます。

 

まとめ

日本山人参の効果・効能

健康診断も、体の調子がいいのなら、安易に薬に手を出すのではなく、まず生活習慣を改めることが一番大切ではないかと思います。

そうすれば、健康診断も意味あるものになるのではないかと思います。

 

また、日本山人参(ヒュウガトウキ)のような効果のある薬草を利用するのもいいのではないかと思います。

日本山人参(ヒュウガトウキ)という薬草は、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防しながら、血圧を徐々に下げていきますので安心です。

コレステロールについても、中性脂肪を減らし、その結果として下がっていきます。

詳しくは、
「健康茶日本山人参の効果・効能とは?」
の記事をご覧ください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

40代主婦日本山人参の注目記事を受け取ろう

デブ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

40代主婦日本山人参の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

塩川 吉明

塩川 吉明

鹿児島県の霧島市で薬草の栽培とネット販売を行っている塩じぃこと塩川 吉明です。現在、69歳です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゆるい糖質制限で、心臓病って本当?

  • 飽食の時代に栄養失調?夏に不足の栄養補給技|ためしてガッテン

  • コレステロール値が低いと早く死ぬって?総コレステロール値250は?

  • 年齢別血圧・コレステロール等の正常値は?|ただ下げればいいか?

関連記事

  • なんで?~洗顔のし過ぎは、肌荒れ!冷水で洗顔すると赤ら顔の危険も!

  • 豊かな感情を持つ「健康」の秘訣は「腸」にあり!

  • 老眼を治す3点寄り目カード!目の筋肉を鍛えると?

  • 新年2017年を新しい気持ちで迎えるちょっとしたコツ!

  • 深呼吸してみませんか?心と体に驚くべき改善!

  • 「あいうべー体操」効果による鼻呼吸で花粉症も激減!|あさイチ