日本人ほど塩分を摂り過ぎている国民はいない!

減塩

日本人ほど塩分を摂り過ぎている国民はいません。

それは何故か?

そこには多くの人が見逃している衝撃的な事実があったのです。

その衝撃的事実とは?

塩分摂り過ぎの衝撃的な事実

bsPAK75_gyoe-20141221140222

男性は11.3g(日本人の塩分摂取基準1日8g未満)で、女性も9.6g(日本人の塩分摂取基準1日7g未満)と、日本人の塩分摂取基準と比べるとかなり高くなっています。

 

減塩ブームにもかかわらず、どうしてこんなにも日本人は塩分を摂り過ぎているのでしょうか?

実は、その最大の原因は隠れ塩分にあったのです。

 

隠れ塩分が問題

隠れ塩分

出典:ゲンキの時間

隠れ塩分とは、私達が普段何げなく利用している加工食品外食に含まれている塩分です。

例えば加工食品には、100g当りベーコンで2.0g、生ハム5.6g、カマボコ2.5g、生麺2.5g、食パン2枚 1.3gもの塩分が含まれています。

また、外食で日本人が好んで食べているカレーライスで、塩分量約4g、天丼で約6g、ラーメン約7gも塩分が含まれています。

 

これでは、各家庭でいくら減塩に気をつけても、摂り過ぎてしまいます。

減塩しようと思えば、加工食品外食にも目を向ける必要があります。

以下は、その上で家庭ですぐにでも実践できる減塩の決定打です。