険悪な夫婦生活を劇的に変えるオキトシンというホルモン!

ある仲良し更年期夫婦の事例より【NHKあさイチ】

089291

ある62歳の仲良し夫婦ですが、手を握りながら楽しそうに散歩していました

日常会話や息をするのと同じで、その延長戦上に夫婦生活のスキンシップ=タッチケアがあると語っていました。

”話さないと触らない””触らないと話さない”ということで、あらゆる場面でスキンシップをしていました。

普通こんなこととてもできそうもないと思いがちですが、やれるかやれないかはちょっとしたキッカケだけです。

ただ一歩を踏み出す勇気があるかないかです。

よくよく考えてみたら、夫婦生活には何も遠慮することはないし、ましてや他人を気にする理由なんて全くありません。

 

老夫婦の夫婦生活キッカケは次のようなものでした。

それは、2人とも1回目の結婚の猛烈な反省があったからです。

そのことが、現在のような夫婦生活のスキンシップ=タッチケアができるようになったのです。

 

2人は高校の同窓会で再開し、再婚。しかも相手は片思いの相手だったのです。

1回目の結婚の猛烈な反省から、2人は努力を重ね、お互いに細目にわたって触れ合い、日常生活はふれあいの連続とのこと。手をつなぐと温かい、言葉より雄弁と語っていましたが、そうだと思います。

 

羨ましい限りの夫婦生活のスキンシップ=タッチケア

参考になったでしょうか?

 

さらに言霊の力が加わると

膣トレ

出典:zyosiryoku

脳科学者の茂木健一郎は、うれしいこと楽しいことがあると、脳内で「ドーパミン」が放出され、人は幸せを感じると本の中で書いています。

それには「言霊の力」が必要です。

但し、言葉=言霊ではありません。

言葉に出して形になった時点でもう本当は言霊じゃないんです。

言霊効果は∞!

言霊効果は∞!最も最強の言霊が「とほかみえみため」

スキンシップ=タッチケアに言霊の力が加わると、オキトシンに加えドーパミンも放出されるのです。

これで仲良しな夫婦関係に戻らなかったら、おかしいです。

 

言霊というのは不思議なもので、勇気を持って「妻に愛している」と言ってみただけで、夫婦生活は仲良しな関係になってしまうのです。

もし、効果がなかったらそれは言霊ではないからです。

言霊早わかり!

でも、「愛している」よりもっとスゴイ究極の言霊がありました。

今まで、天皇しか知らなかったたった8語の言霊です。

理屈は必要ないです。

下の初音ミクに合わせてあなたも唱えてみてください。

きっと何かを感じられると思います。